2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« MIO草津 5-0 鳥取 | トップページ | ちょっと多忙 »

2010/11/14

川崎 1−2 鹿島

1114


 すべてにおいて「差」を感じた試合でした。選手の気持ちの入り方、サポーターの気持ちの入り方、そして勢い。もちろんその「サポーター」の中には私も入りますけどね。勝ちたい、勝たせたい、そういう気持ちの違いが勝敗の差に出たのかなと思います。ナビスコホーム磐田戦の敗戦と根は同じだと思います。逆転負けとか追いつかれて引き分けと言うのががここのところ目立つのは、がむしゃらに刃向かってくる相手チームをいなすだけの力がないのでしょう。悔しいのですが、90分間試合を見ていてそう感じます。今日の試合で言えば、鹿島と川崎の選手を総取っ替えしても鹿島が勝つのではないかと感じます。

 私は精神論を語るのは大嫌いなのですが、お互いにやることをやり尽くせば勝敗を分けるのは気持ちとか気迫とかの世界になります。どこまで死にものぐるいでできるのか、できた方が勝つと言うのはあると思います。川崎の選手を見ていてつくづく思うのは、綺麗にやろう、格好よくやろう、そういうシーンが目立つのです。例えばヒールパスの多用とか。この試合では出ませんでしたが、サッカーはインステップとインサイドで蹴ると言うのが基本です。これができない人間がノールックでヒールパスを出したって成功するわけがないじゃんと思います。相手のファールを貰った直後、速攻をかける場面も多いのですが、つながりませんよね。そういうのってどうなのか。あんなに沢山コーナーキックを貰っているのに何故1点も入らないのか。そういう場面場面の「差」が目立つのですよ。戦術とが技術とかを語る前に。鹿島が同点に追いついたシーンはフリーキックからでした。そして逆点の場面。川崎にしてみれば不運だったかもしれませんが、全力の先にあるものの結果だと思います。

 全力のシーンとはどういうものなのか。例えば去年、台風で中止になった後の鹿島戦のやりなおしの試合。あのときの鹿島は選手全員とボールボーイが一丸になって川崎に襲いかかりました。結果的に1点とられて、さらにもう1点取られてもおかしくない状況でなんとか逃げ切っています。そういう、徹底的なプレスとか、ルーズボールを追う真剣さがスタンドからは見えて来ない、そういう部分での悲しさがありました。

 選手から見れば、あるいは客観的にみれば、これもサッカーなのですが、お金を払って応援している身にとってはなんとも悲しい試合でした。

 等々力陸上競技場 観衆:19,693人(チケット完売)

« MIO草津 5-0 鳥取 | トップページ | ちょっと多忙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MIO草津 5-0 鳥取 | トップページ | ちょっと多忙 »