2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 3-3 山形 (PK 4-5) | トップページ | 横浜FC 1-0 札幌 »

2010/11/22

FC東京 1-2 川崎

1120a


 FC東京のサポーターがさかんにトイレットペーパーを投げるのを見て、ずいぶん安っぽい応援の仕方だなと思っていたのですが、あれはウンコターレ(川崎の蔑称。使っているのはほとんどがFC東京サポ)に対するアンチテーゼだったのね。まあいいけど。

 別会場で行われている名古屋の試合が優勝決定の可能性があったためか、記者の数がかなり少なかったのが気になりました。一応「クラシコ」なのになあ。ひょっとしたら来年は行われなくなるのかもしれないのに・・・。あんまり川崎を煽るようなイベントが無かったのがちょっと残念。ああトイレットペーパーがそうだったのか。

 試合開始2時間前にスタジアム入りしたときはバックスタンドはガラガラで、調子の悪いチームはやっぱり観客が減るのかなとも思いましたが、キックオフ時にはかなり埋まりました。よかった。やっぱりプロサッカーは観客が多い方が燃えます。

 さて試合の話。調子の上がらないチーム同士の対戦だとこうなるのかなと思いました。FC東京は梶山の動きが悪く、平山にも大黒にもボールが渡りませんでした。中盤、特に梶山と米本を押さえつけてしまえばFC東京は怖くはないと言うのはわかっていましたので、あとはどうやって点を取るかです。中盤の悪い東京に比べて川崎はヴィトールジュニオールの調子が良く、そこからのボールの出方に差がありました。矢島にしてもジュニーニョにしてもプレーはしやすかったと思います。ただ、川崎もスタメンをかなり欠いている面があって、ボールを失うとかなりピンチになります。ディフェンスで奪ってからの速攻、と言う形が綺麗に行かないので、ロングで前線に放り投げてセカンドボールの取り合いの形が多かったです。ここで結構勝てたのは勝因になったのではないでしょうか。川崎はフォワードが動けていましたから、見ていてイライラすることはありませんでした。矢島が点を取った形は強いときのフロンターレの形です。

 ただ、そこで逃げ切れないのが今年の川崎で、コーナーキックから同点にされます。何度目だよと思いつつ、同点、逆転されないことを祈りました。後半、ジュニーニョが点を取り、勝負はあったと思います。ジュニーニョが点を取ったときは私がトイレに行っていましたので詳細はわからないのですが、FC東京の連携ミスとのことでした。そうだとすると、そこがFC東京の弱さなのかもしれませんが、ジュニーニョの得点の嗅覚が並外れているとも言えます。衰えつつあるとは言っても、こういうところで点を取れるのはさすがだなと思います。シーズン前半戦の大半を休んでいるのにもかかわらず得点王争いにも加わりつつありますしね。

 2-1で勝ったときはさすがにほっとしました。優勝の可能性はなくなりましたが、ACL争いはまだ残っています。残り3試合で上位と勝ち点4差というのは厳しいのですが、この試合に勝ったことで消化試合はまだ先になりました。残りはセレッソ、浦和、仙台戦です。頑張ってほしいです。

 味の素スタジアム 観衆:28,480人

« 川崎 3-3 山形 (PK 4-5) | トップページ | 横浜FC 1-0 札幌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 3-3 山形 (PK 4-5) | トップページ | 横浜FC 1-0 札幌 »