2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 1-2 C大阪 | トップページ | 横浜FC 0-1 草津 »

2010/11/28

川崎 1-1 浦和

1127a


 今期ホーム最終戦。今年の川崎を象徴する内容でした。あれだけ選手を欠けたら今の浦和相手に勝ちきるのは難しいと思うので、仕方ないかなあと思います。開始45秒で先制したときは、このまま終わるはずがないと思っていましたが、その通りになりましたね。

 ただ、前節のセレッソ戦もそうなのですが、客観的に試合を見た場合、J1レベルを満喫できる良い試合だったと思います。スピード感や攻守の切り替えにも早さがあり、アマチュアサッカーをやっている人にとっては結構勉強になるゲームだったと思います。全体を通してみればレベルの高い試合でした。

 しかし、だからこそ、そのレベルに達していない選手がいると、そこを集中して狙われて失点する、勝てる試合が勝てなくなるのかなと思います。川崎は前半早々点をとった後、追加点が取れなかったのが後半響きましたし、後半のキープ力のなさが失点を生みました。浦和は宇賀神、高橋のキープ力が弱く、川崎はそこをつけ込んでボールを奪って行きました。そこから追加点に結びつけたかったのですが、無得点に終わっています。逆に後半、楠神に代わって入った小林が全くキープできない、つながらない、戻れない、取られると言う穴を作ってしまったため、ポンテに川崎側左サイドを再三狙われてしまいました。川崎の失点はここから取られています。

 浦和の宇賀神、高橋、川崎の楠神、小林。そういう若い選手が出てくるのは良いのですが、よりレベルの高いプレーヤーと対峙すると抜かれると言うのは本人の問題なのかクラブの問題なのか難しいです。楠神にしても出だしは良いのですがスタミナが全くなく、90分持たないと言うのは致命的とも言えます。川崎のそういう部分が今年はつけ込まれ、先制しても追いつかれる、逆転されると言う結果になっていると思います。完封されるケースは少ないので、問題なのは攻撃から守備への切り替え、あるいはボールを失わないことだと思います。川崎も浦和も攻撃時は前線に総掛かりで突っ込んで来ますので、サイドハーフがボールを取られるとバックがガラガラになる、マークがつききれないと言う結果になります。

 小林に対してきついことを言ってしまいましたが、彼の側に立ってみれば、この試合両サイドハーフがいずれもフォワードという所に無理があったとも言えます。黒津にしろ小林にしろ、ボールを取られてディフェンスに回り、そこでボールを奪って攻撃をしろと言っても彼らがボールを受ける場所はそこではない、もっと敵ペナルティエリアの近くのはず。それをセンターライン近辺の端っこでボールを貰ってもどうにもならないだろう、と可哀想に思えます。ヴィトールがいればなあ、せめて田坂がいればなあ、稲本がいればなあ・・とレバレバずくしで悲しくなりますが、仕方がありませんでした。今の川崎の悲劇って、選手一人一人が本来のポジションでプレーをしていない所にもあると思います。菊池だって本来はボランチの選手です。でもセンターバックで頑張っています。憲剛はできればトップ下で使いたいです。しかし今の川崎は4-2-2-2なので、どうしてもサイドかボランチになります。サイドならともかく、ボランチだとどうしてもフォワードにボールが届かない。田坂かヴィトールに預けることになる。そこにジレンマが出ます。

 今年は怪我人の多発から始まって移籍づくしと厳しいシーズンでした。選手層の薄さを露呈したようなものですが、裏を返せばこれだけ選手を欠いても順位は半分より上、と言うのは良しというべきものなのかもしれません。課題はある程度見えましたので、そういう部分を解消して行けたらいいのではないでしょうか。選手層の厚みというのならば、園田、實藤、安藤らの成長も鍵になりますね。川崎はまだ1試合残していますが、ホーム最終戦を見た限りではそんな印象を持ちました。

 等々力陸上競技場 観衆:19,411人(チケット完売)

« 川崎 1-2 C大阪 | トップページ | 横浜FC 0-1 草津 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 1-2 C大阪 | トップページ | 横浜FC 0-1 草津 »