2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ACL観戦決定 | トップページ | クボタ 11-33 リコー »

2010/12/10

ドイツのスタジアムガイド

1210a

たまには観戦記以外の話もします。

ヨーロッパではサッカースタジアムのガイド本が町の書店で売っていたりします。イングランドやスコットランドのものはマイナーリーグどころかノンリーグ(アマチュア)の所有スタジアム本もあり、これは日本でも手に入ります(イングランドのは私も持っています)。

しかし究極のスタジアムガイド本というとやはりドイツになると思います。5年前に買った「FUSSBALL-STADIEN」と言うのがこれで、なんとA4ハードカバー400ページというモノです。持つとずっしりと重い・・・・。価格は当時46ユーロ(約6500円)+送料で1万円弱だったと思います。今思うとよく買ったなと・・・・。

 中身ですが、ただのガイド本ではありません。各都市の各スタジアムの歴史がドイツ語(8ポイント)でビッシリと書いてあって、結構読み応えがあります。いや実はとても読めるシロモノではないのですけどね。

1210b

 こういうガイド本でも手を抜かずにキッチリと作るあたりがさすがドイツだなと思います。一ページだけ翻訳サイトを活用しながら読んでみたのですが、読み終わった瞬間に挫折しました。でもヘーっと思わせる記事もあります。ニュルンベルグのフランケンシュタディオン(現イージークレジットシュタディオン)は戦前、ナチスドイツの練兵式場だったとか、そういう記事が写真付きで載っています(ちなみに日本の国立霞ヶ丘競技場もそうですね)。

スタジアムガイドを作成している者にとっては存在自体がためになるなと、そういう本ですね。まあもう少し中身を理解したいですが。

« ACL観戦決定 | トップページ | クボタ 11-33 リコー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ACL観戦決定 | トップページ | クボタ 11-33 リコー »