2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« ドイツのスタジアムガイド | トップページ | 三洋電機 74-17 リコー »

2010/12/14

クボタ 11-33 リコー

1211


 ラグビーの戦評を書くだけの観戦力はないので感想だけ書きます。
 トリプルスコアがつくほど戦力に差があるとは思えませんでした。クボタの気持ちが「切れる」と言う場面があり、そこが大差となった原因なのだなと言うことははっきりわかりました。後半も終わりになりかかった頃、ペナルティゴールでコツコツと点をためていったクボタはリコーに対し、11-17と6点差まで追い上げて行きました。この場面は明らかにクボタの時間帯でした。あと1トライ、1ゴールで逆転できると言うその場面で致命的なファールを犯し、リコーにペナルティゴールを決められ、11-20に。ここで下を向いてしまったクボタの選手たちがはっきりと印象に残りました。ああ、ここで試合は終わったなと。

 あとはリコーが左右に足の速い選手をうまく使ってトライを重ねます。リコーは中盤を抜けようとしたのでクボタの選手は中盤を厚くしたのですが、サイドに綻びがでました。リコーがサイドを独走する場面が多くなって、次第に止めるのが難しくなってきました。そしてそれ以降クボタは1点も取ることができず、ノーサイドになりました。なにかこう・・・・勝負事は残酷だなと思います。まあアマチュアの選手らしく、メイン・バックとも選手の家族や関係者が多く占め、試合後はほのぼのとした空気になりましたけどね。

 戦術的に見れば足の速い選手をウィングにおいたリコーの作戦勝ちだったのかもしれません。でも気持ちが折れる部分を作ってしまったクボタの方に敗因はあると思います。選手の立場に立ってみなければその時の気持ちはわかりませんけどね。

 ラグビー日本代表がオーストラリアやフランスのワールドカップに行って、あと一歩まで追い詰めたのに結局は負けたと言うのは、その気持ちが折れる部分を見せてしまったからではないかなと思っています。私はラグビーワールドカップの試合を見るたびに、その気持ちの弱さに怒っていたものですが、目の前でそういう場面を見てしまうと考えてしまいます。あと1トライ取ればひっくり返せたのに、つまらないファールでそのチャンスが遠ざかってしまった、その時の気持ちを私が理解することは、選手でない以上、多分ないと思います。

 小瀬スポーツ公園陸上競技場 観衆:2,513人

« ドイツのスタジアムガイド | トップページ | 三洋電機 74-17 リコー »

コメント

はじめまして、通りすがりの者です。
私も中古ですが、18日に1250Sを購入したものです。
油冷バンディットからの乗り換えで、あらゆる意味で進化したバイクなのでちょっとびっくり。
油冷は、16万キロ以上ノントラブルで走ってくれました。非常に名残惜しかったのですが、各部の消耗が激しく、泣く泣く乗換えとなりました。。。。
自分も日本リーグ時代からサッカー観戦が好きで埼玉県民と言うことも有り、最近までレッズの年間シートをホールドしてたのですが、去年、仙台に単身赴任となり、手放しました。(レッズサポーターは「ホルダー」と言います)
仕事上、リコーさんとのお付き合いがある時期があり、その時はラグビーのチケットをいただいたりして、良く見に行っていたのですが、その時はいつも入れ替え戦ぎりぎりの成績で、ひやひやしたものです。
時々覗きに来ますので、よろしくお願いします。

赤旦那さんこんにちは。

バンディットの購入、おめでとうございます。私は旧型に乗ったことがないので何とも言えませんが、ブラックバードと比べると非常に軽く、取り回しもしやすいと思います。加速力は比べられませんが、1250ccだけあって、交通の流れは完全にリードできますね。長距離でも疲れにくいのはポイントです。
リコーはいい試合をしました。また見に来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドイツのスタジアムガイド | トップページ | 三洋電機 74-17 リコー »