2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/31

サントリー 23-28 三洋電機

0131

 リーグプレーオフ決勝戦。三洋電機が勝ち上がったのは予想通りですが、対戦相手がサントリーとは意外でした。東芝が来るだろうと思っていました。
 三洋電機と言うチーム名でリーグ戦を戦うのはこの試合が最後、来年の去就はまだ未定です。つまりパナソニックと言うラグビーチームができるかは今は何とも言えません。パナソニックもサッカー、アメフト、バレーボールと手広くやっているので残るのは難しいかもしれません。そういう先が見えない中で試合が始まります。

 試合はペナルティゴールの応酬という地味な展開で始まりました。距離のあるオフサイドなどでもペナルティゴールを狙います。それが外れたり入ったりしながら細かく点を刻み、サントリーが前半終了前に1トライ成功して11-6で前半を終えました。サントリーはトライを奪ったものの、コンバージョンゴールに失敗し、リードを広げることができなかったのが致命的となりました。

後半は三洋電機の猛攻が始まります。サントリーは中盤を厚くして守りに入りますが、続けて2トライ1ゴールを奪われ、11-18と逆に7点差をつけられます。この後、なかなか三洋の守備を破ることができず、後半23分には11-28と差を広げられ、事実上試合は決まったかに見えました。三洋の優勝かと思っていたのですが、そこからサントリーが怒濤の攻めを見せ、16-28に。そして残り1分。サントリーは1トライ1ゴールを決めたところでブザーがなりました。23-28で三洋電機の優勝。5点差。1トライ分の差です。1トライ取ればトライ数の差でサントリーの優勝になるところでした。サントリーからみれば惜しい試合だったと言えます。

 試合を総括してみれば、序盤のペナルティゴールの応酬で、サントリーの失敗が目立ちました。これは三洋電機にも言えるのですが、ペナルティゴールにしてもコンバージョンゴールにしても、決めるときは決めなければその部分が致命傷になってしまいます。サントリーは1ペナルティゴール、1コンバージョンゴールを決めると三洋電機に並び両チーム優勝になっていました。そして前述しますが1トライ決めればサントリーの勝ちでした。勝負の行方はそんなところで決まるのかなと思いました。

 ただ、この試合に関して言うと、試合の意味合いはサントリーが勝てなかった事にあるのではなく、三洋電機が優勝したことにあるのでしょう。三洋電機はトップリーグ創設後、初優勝でした。日本選手権では優勝するものの、リーグ戦では毎年プレーオフで負けています。そのシルバーコレクターがチーム最後の年に優勝したことは大きな意味がありました。試合後のインタビューでは当然その話が出ました。トップリーグの歴史の中に三洋電機の名前を刻むことができて本当に良かったと。サントリーは別に負けて良かったとは思っていないのでしょうが、敗者の立場からしても祝福できるものではないかなと思います。私は1999年元旦、天皇杯の決勝を思い出しました。あのとき、横浜フリューゲルスの優勝を見守った清水エスパルスの選手たちはどういう気持ちで表彰式を見たのかなと、選手の気持ちは想像もできませんが、なんとも言えない気持ちになりました。

 個人的には・・・なんとか存続させてやれないかなと思います。たとえユニフォームが青色になってもチームとして残してあげられないかなと。フリューゲルスと違い、純粋な企業チームなので、消滅させるのは吸収した企業の自由なのですが、優勝という結果を出したのですから、その儀を汲んであげてほしい。そう思いました。

 秩父宮ラグビー場 観衆:14,390人

2011/01/11

三洋電機 21-22 トヨタ自動車

0110


 三洋電機が負けました。あれほど強さを見せつけたチームでも負けるというのか、と言う思いはします。負けた理由を語れるだけの術を私は持っていないのですが、この日、私と一緒に観戦した方の話ではトニー・ブラウンが先発で出なかったからだろう、とのことでした。

 15人も選手がいるのに一人の選手次第で勝敗が分かれてしまうのか、と言うことに驚きを感じますし、やっぱり外国人頼みなのかなとも感じます。ラグビーは体格と体力がサッカー以上にモノを言うので当然と言えば当然なのですが、考えさせられます。三洋電機ですらこれならば、2019年ワールドカップは大丈夫なのかなと。

 ただ、試合の全体を見て感じたのは、両チームともこの試合だけを意識して取り組んだ訳ではないのだろうと言うことでした。つまり、次のプレーオフのことも考えなければならないからです。

 少し説明すると、試合前の順位は1位が三洋電機で勝点54、2位が東芝で勝点52、3位がサントリーで勝点52、4位がトヨタ自動車で勝点50です。今日の最終節は三洋対トヨタ、東芝対サントリー。そしてプレーオフは1位対4位、2位対3位が試合をします。これが何を意味するか。今日の試合の結果がどちらの勝利であってもプレーオフの緒戦は今日の試合のカードと同一になる可能性が非常に高い、と言うことです。乱暴に言ってしまうと今日の試合を全力で勝ちに行く意味はあまりない・・・。ひょっとするとトニー・ブラウンを休ませたのはプレーオフに備える意味合いがあったのかもしれません。

 ラグビーは非常に体力を消耗するスポーツです。トップリーグともなると、サッカーのように週2試合で公式戦を行うのは無理と言われてます。とするならば、次のプレーオフに全神経を集中させる三洋電機にとってみると想定した敗戦なのかもしれません。三洋電機は毎年1位でリーグ戦を終えるのですが、プレーオフは決勝の相手に持って行かれます。その屈辱を反省して、対策を立てたなら・・・次のプレーオフは結構注目に値するかもしれませんね。試合は花園で行われる可能性が高いので見に行けませんが。さて、どうでしょう。

 国立秩父宮ラグビー場 観衆:11,007人(公式記録)

2011/01/04

日章学園 0-0 静岡学園(PK 4-3)

0103


 今日は1日家事に追われる予定だったのですが、体調が良くないのと気持ちがイライラしているのでサッカーを見に行きます。正月3が日が全てサッカーと言うのもなんだかな・・・。でも三ツ沢だし近いからいいか。

 2試合見るだけの時間がないので第二試合に的を絞って観戦します。カードは日章学園対静岡学園。静岡学園には川崎フロンターレに入団が決まった大島選手がいるので彼を中心に観戦することにします。到着したのは試合開始5分前で、メインスタンドはかなりの観客がいました。席に着いたとたん、試合開始。

 大島君はボランチのポジションでした。ファンタジスタタイプと聞いていたのでトップ下かと思っていたのですが、下がり目のポジションでびっくり。ここからゴール前まで突っ込んで来るなら確かにファンタジスタだなと思っていたのですが、試合開始早々から膠着してしまってアレアレっと肩すかしを食らいました。

 毎回思うのですが、高校選手権の3回戦と言うのは4日間中の3試合目になるので選手の疲労がかなり激しくなります。疲労を考えると仕方ないのかなと思うのですが、見ていて苛立ってきます。見ていると大島選手に対するマークが結構きついなと感じます。日章学園は3トップの左右フォワードが各々一人で両サイドをケアしていて、サイドハーフがいません。サイドハーフに当たるポジションの選手を大島君にぶつけてきているようで、大島シフトを敷いているように見えます。

 これだけマークがキツくなっているのに静岡学園の攻撃は必ずボランチの大島君を経由して行われます。何かこう、中村憲剛にすべてを任せるフロンターレとダブって見えて複雑な気持ちになります。サッカーはもっと自由に、もっと想像力を働かせて、そういう気持ちを持たなければ膠着状態を打ち破ることはできないなと見ていて思いました。全く見せ場がないまま前半が終わります。

 後半、静岡学園は大島選手を一列前に上げますが、大島選手経由の攻撃は相変わらずで、彼がボールを持ったところを執拗に狙われます。日章学園は大島選手のところで奪ったボールを速攻で両サイドから仕掛けますが、これは精度が悪くゴールを外れます。そういうことを繰り返しているうちに前後半終了。そしてPK戦へ。

 PK戦は運と言えばそれまでですが、心理的なプレッシャーが大きかったのは静岡学園でした。静岡学園は先攻でしたので先に決め続けていれば心理的優位に立てたのですが、3本目を外してしまってからは自滅モードに。最後の5人目は大きくふかしてしまって試合終了、日章学園が4回戦に進出しました。

 前評判を聞いている限りでは静岡学園は大島選手以外にもいい選手が沢山いたようです。でも、プレーを見ている限りではとにかく大島選手頼みでした。これは何故なんだろうなと思います。考えてプレーする。これはオシム氏がさんざん言っていることですが、この考えると言うプレーが静岡学園には見られませんでした。ある意味わかりやすいプレーで、これならば相手チームは対策を立てやすいだろうなと思います。一部のタレント頼みではサッカーは勝てない。あらためてそう感じました。

 昨日の野洲高校の試合は、戦術やシステム優先では試合には勝てない、プレーをするのは選手であることを思い知らされました。今日の試合は一部のタレント頼みでは試合に勝てない、そう思い知らされました。どうすれば勝てるのか、自分なりに考えてみても理想論しか思いつきません。そこにサッカーの難しさがあると思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:3,816人(公式記録)

2011/01/03

野洲高校 2-3 立正大淞南高校

0102


 一回戦で野洲高校が1-4から同点に追いついてPK勝ちしたとのことで、いかなる試合をするのか期待して見に行ったのですが、結果は2-3の負け。しかも立正大加藤選手にハットトリックを食らうありさま。セクシーフットボールを標榜するのはいいのですけど、サッカーは選手がやるものであってシステムとか理想論でやるものではないなと改めて思いました。

 セクシーフットボールって、選手間の距離を極端にコンパクトにしてショートパスとドリブルをしながら相手ゴールまで迫っていく戦術だと思います。これを完成させるにはディフェンダーはかなりの負担を要求させられます。試合の前半は立正大相手にかなりオフサイドを取っていたので、ラインコントロールはシビアにしていたのだと思いますが、何度も何度も引っかけていれば相手だって学習してきますよ。立正大は#14池田選手の飛び出しが非常にうまく、野洲のディフェンスはかなり吊られていましたね。野洲も守備から攻撃への転じ方がかなり早かったので(だからセクシーなんでしょうけど)、カウンターが有効となり2点とれましたが、それ以上にディフェンスラインがもろすぎました。スポーツ全体に言えることですけど、もまずは守備がきちんとできていないと攻撃はままならないと言うことですね。1回戦の松商学園には通じましたが2回戦では無理だったようです。あのサッカーだとこれが限界で、それ以上は厳しいと思います。リスクを負って攻めるサッカーは楽しいと言えば楽しいのですが。

 2回戦も見たかったのですが、家の用事がありこれで撤退します。時間が許せるのであれば、3日も試合を見たいと思います。

 関係無いのですが、立正大のスタメン発表で「ディフェンダー なかむら・けんご」と聞いたときはドキッとしました。中村謙吾選手でしたね。名前の縁というと本人に失礼なのですが、少し見入ってしまいました。
 
 江戸川区陸上競技場 観衆:1,734名(公式発表)
 

2011/01/01

鹿島 2-1 清水

0101


 前回一眼デジカメが壊れたと書きましたが、壊れたのは本体ではなくてレンズでした。レンズだけ買い換えるのならば安上がりですが、本体も性能的に限界に来ているのがなんとも。初心者向けの新型は私のカメラよりも遙かに高性能です。今日の試合は自宅で眠っていた10年近く前のズームレンズを引っ張り出して取りました。レンズにカビが酷くこびり付いていたので、そのままだとマトモに写りません。ISO感度を1600まで上げてF11固定の絞り優先で撮影しました。ここまで絞ればなんとかなりました。真っ昼間の撮影でISO1600まで上げるなんてフィルムカメラ時代は想像もつきませんでしたけどね。最新のカメラは6400まで上げてもちゃんと写るようです。これが本当なら絞りを開くよりもISO感度を上げてシャッター速度を上げたほうが、画質の向上につながりますね。

 試合の話を真面目にします。前回のFC東京戦もそうだったのですが、本山が試合の決定権を握ってしまっているなあと感じました。今の日本は中盤は豊富のはずなのですが、今日の試合に限っては中盤不足でフォワードにボールがうまく当たらない状態が双方とも続きました。清水には梶山や中村憲剛クラスのボランチがいればもっと楽に前線にボールが行ったと思います。今日のスタメンならば、小野伸二とヨンセンを一つずつ後ろにして、藤本と岡崎をターゲットにすれば良かったのになと思うのですが、どうでしょう。本田拓人一人では結構きついような気がします。まあ3トップにした結果、ヨンセンが生きて点が取れたのですけど。鹿島も同じようなものですが、後半に本山が入ったとたん、一気に局面が変わりました。清水は伊藤に対して本山と同じゲーム作りを求めていたと思うのですが、本山と伊藤では展開力に差があって、鹿島が押し込んだあげく野沢のフリーキックで勝負がついちゃいました。うまいなあ・・鹿島は。

 鹿島は優勝したことでACL出場権を取りました。予定調和でおめでとうございます(棒読み)。まあ・・・主力流出で来年どうなるかわからない清水よりは勝ち方を知っている鹿島の方が、ニッポンのサッカーのためには良かったのかもしれません(棒読み)。以前も書きましたが、私はどんなに嫌いなチームでも外国のチームと戦う以上は日本のチームを応援します(これは本当)。ちなみに4月6日は韓国で水原-鹿島戦を観戦することが決定しました。なんか本当に行く気がしないなあ・・・・・・。どうせなら高原のいる清水が行って、水原と高原ダービーを見たかったのですけどね。
 
 話が少しずれますが、今日の主審は家本氏でした。誤審がらみでいろいろと「いわく」のついている審判です。でも今日の試合は概ねうまく裁けたと思います。PKもレッドカードもありませんでした。この審判を天皇杯決勝に持ってきたJFAに驚嘆を感じるとともに、過去の重圧に負けずにこの場までたどり着いたこと、そして裁ききったご本人に深い尊敬の念を抱きます。審判に限った話では無く、サラリーマンでも中学高校の部活動でもそうですが、ずっと一つの仕事を続けていると、必ず「もうやめちゃおうかな」と思う時があります。特にミスをして仕事を外される、レギュラーを外される、そういう時は本当にそう思います。彼もそうだったのではないでしょうか。誤審がらみで香港まで研修に行かされたとき、もう辞めるのではないかと思っていました。でも歯を食いしばって耐えて生活の糧として審判の職を続け、少しずつ信用を取り戻していく地道な毎日の結果、今日の舞台があったかと思うと他人事ながら感動します。強い人間とは試合に勝つことではなく、惨めでも辛くても逃げ出さずに前を向いて戦うことができる人なのだなと思います。そういうことができる人が、今の時代どれだけいるのか、考えてしまいます。

 ちなみに自分の才能を秤にかけ、見切りをつけてさっさと仕事を辞めるのも人の生き方としてはアリです。やり直すのは若い方がいいともいいますから。人生の選択肢に正解はないです。

 2011年が明けましたがサッカーシーズンは終わっておらず、高校選手権、大学選手権、都道府県リーグの入替戦をもって2010年度が終了します。今年1年、私のブログを見ていただき、ありがとうございました。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:41,348人(チケット完売)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »