2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 野洲高校 2-3 立正大淞南高校 | トップページ | 三洋電機 21-22 トヨタ自動車 »

2011/01/04

日章学園 0-0 静岡学園(PK 4-3)

0103


 今日は1日家事に追われる予定だったのですが、体調が良くないのと気持ちがイライラしているのでサッカーを見に行きます。正月3が日が全てサッカーと言うのもなんだかな・・・。でも三ツ沢だし近いからいいか。

 2試合見るだけの時間がないので第二試合に的を絞って観戦します。カードは日章学園対静岡学園。静岡学園には川崎フロンターレに入団が決まった大島選手がいるので彼を中心に観戦することにします。到着したのは試合開始5分前で、メインスタンドはかなりの観客がいました。席に着いたとたん、試合開始。

 大島君はボランチのポジションでした。ファンタジスタタイプと聞いていたのでトップ下かと思っていたのですが、下がり目のポジションでびっくり。ここからゴール前まで突っ込んで来るなら確かにファンタジスタだなと思っていたのですが、試合開始早々から膠着してしまってアレアレっと肩すかしを食らいました。

 毎回思うのですが、高校選手権の3回戦と言うのは4日間中の3試合目になるので選手の疲労がかなり激しくなります。疲労を考えると仕方ないのかなと思うのですが、見ていて苛立ってきます。見ていると大島選手に対するマークが結構きついなと感じます。日章学園は3トップの左右フォワードが各々一人で両サイドをケアしていて、サイドハーフがいません。サイドハーフに当たるポジションの選手を大島君にぶつけてきているようで、大島シフトを敷いているように見えます。

 これだけマークがキツくなっているのに静岡学園の攻撃は必ずボランチの大島君を経由して行われます。何かこう、中村憲剛にすべてを任せるフロンターレとダブって見えて複雑な気持ちになります。サッカーはもっと自由に、もっと想像力を働かせて、そういう気持ちを持たなければ膠着状態を打ち破ることはできないなと見ていて思いました。全く見せ場がないまま前半が終わります。

 後半、静岡学園は大島選手を一列前に上げますが、大島選手経由の攻撃は相変わらずで、彼がボールを持ったところを執拗に狙われます。日章学園は大島選手のところで奪ったボールを速攻で両サイドから仕掛けますが、これは精度が悪くゴールを外れます。そういうことを繰り返しているうちに前後半終了。そしてPK戦へ。

 PK戦は運と言えばそれまでですが、心理的なプレッシャーが大きかったのは静岡学園でした。静岡学園は先攻でしたので先に決め続けていれば心理的優位に立てたのですが、3本目を外してしまってからは自滅モードに。最後の5人目は大きくふかしてしまって試合終了、日章学園が4回戦に進出しました。

 前評判を聞いている限りでは静岡学園は大島選手以外にもいい選手が沢山いたようです。でも、プレーを見ている限りではとにかく大島選手頼みでした。これは何故なんだろうなと思います。考えてプレーする。これはオシム氏がさんざん言っていることですが、この考えると言うプレーが静岡学園には見られませんでした。ある意味わかりやすいプレーで、これならば相手チームは対策を立てやすいだろうなと思います。一部のタレント頼みではサッカーは勝てない。あらためてそう感じました。

 昨日の野洲高校の試合は、戦術やシステム優先では試合には勝てない、プレーをするのは選手であることを思い知らされました。今日の試合は一部のタレント頼みでは試合に勝てない、そう思い知らされました。どうすれば勝てるのか、自分なりに考えてみても理想論しか思いつきません。そこにサッカーの難しさがあると思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:3,816人(公式記録)

« 野洲高校 2-3 立正大淞南高校 | トップページ | 三洋電機 21-22 トヨタ自動車 »

コメント

こんばんは。私は行けなかったので、トップページの写真を見てから観戦日記を待っていました。
ん〜、そんな試合だったのですか?私は大島くん抜きの1回戦と、大島くんが入ってからの2回戦を見ましたが、相手や日程から来る疲労にもよりますが、初戦の方がいいサッカーだったように思いました。
大島くんの力量は確かに高いと思いますが、せっかくの他の素材が台無しになっちゃったみたいですね。
静学のブログを見ていると、このチームは急成長したみたいなので、戦術がついて行かなかったのでしょうね。大島くんをバルセロナのメッシのような使い方をしてあげれば、中央で捨て駒にもストライカーにもなれる役割にしてあげれば、他の選手が生きたのかなあ?と思ったりします。
大島くんはシャビのような選手を目指しているように見えましたが、このチームではちょっと変えた方が良かったのかもしれないですね。
とはいえ、入団が楽しみな選手ではあります。

こんにちは。今年もよろしくお願いします。

他サイトの観戦記を見ると、「いい試合だった」とまとめられている所が多いようです。公式記録内の観戦記でもそうありました。ただ、私はプレッシャーの掛かっている選手に何故パスを出すのか、それがわかりませんでした。サッカー経験者なら違う感想を持つのかもしれません。未経験者の私の理解力の差が感想の違いになったのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 野洲高校 2-3 立正大淞南高校 | トップページ | 三洋電機 21-22 トヨタ自動車 »