2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/06

横浜FC 1-2 富山

0306b

 私が三ツ沢球技場に着いてみるとバックスタンド側は既に満員でした。何があったのだろう。中央列はもう座る場所がなく、最上段まで上がってやっと見つけました。良かった。しかし試合が始まって気づいたのですが、満員のように見えたのは後から来る人のために席を取っといたのではなく、単に自分の荷物を置いているだけの人が大半でした。今日の試合、立ち見がかなり出ていましたので、できれば荷物は座席の下に置いてほしいなと思います。いつもの横浜FCの試合は気軽にこれて気軽にみれますのであまり意識していないのかもしれませんけどね。GSの方の負担を増やす前に観客側でも意識付けをしたいなと思います。

 さて試合の話。私はスタメンの発表を見て、普通に横浜FCが勝つだろうと思っていました。富山の選手は黒部と苔口を押さえてしまえばあとは怖い選手はいないだろう、横浜FCはディフェンスからフォワードまでまんべんなく良い選手を入れているのでピッチを制圧することができるだろう、2-0で横浜FCの勝ちだな、そう考えていました。それがまさか負け、それも逆転負けするとは思ってもいませんでした。サッカーは奥が深いです。

 前半の前半は横浜FCが圧倒していました。カイオが中盤の左右を自由に動き、藤田が中央の上下を自由に動いていますので、この二人は常にポジションチェンジをしているように見えます。これだと富山はマークし辛かったのではないでしょうか。その連動性の中で藤田は先制点を挙げました。お見事。

 これは楽勝の展開だなと思っていたのですが、富山が徐々にラインを上げてきて横浜FCは押されていきます。キーパーの関はポジションが中途半端で、ディフェンダーとの連携が怪しくなってきました。そして苔口に決められて同点、そして後半PKを取られて逆転。試合終了。なんだあれ。やる気あるのかと思いました。

 富山は3-3-3-1というフォーメーションを敷いてくることを開幕前のうたい文句にしていました。安間監督の話では、これでアグレッシブに行くとのことですが、これって4-4-2のディフェンスを1列あげた3-5-2の変形ですよね。私は杉山氏ではないのでフォーメーションで戦術を語りたくはないのですが、そんなに怖そうには思えませんでした。

 ただそれが、横浜FCのチョンボとしか思えないのですが、結果的に成功してしまいました。横浜FCのマークミスだろうと思うのですが、本当の所はわかりません。現在の所は横浜FCは守備がダメなので早く修正しないとズルズルと泥沼にはまると思います。

 次は大分戦、その次は水戸戦です。決して弱くない相手ですが、この辺で勝てないと昇格は厳しいと感じました。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:11,306人

2011/03/05

川崎 2−0 山形

0305

 2011年シーズン開幕戦。全てのサポーター誰もが幸せになれる試合前。天気も良くてサッカー日和でした。優勝目指すならこういう日はチケット完売にならないとなと思っていたのですが、当日券は出たようです。去年のレッズ戦あたりから観客が減少傾向にあることを心配しているのですが、復活してほしいです。

 さて試合の話。まずは勝てたことにホッとしています。内容を見るとディフェンスブロックを作ることに精一杯であることや、山形の出来の悪さに救われた面が多々あるのですが、流れの中で2得点できたこと、完封したこと、当初想定したメンバーと違うこと、去年の終わり頃から等々力で勝てていないこと、昨年の等々力で行われた天皇杯で山形に負けていること、監督がJデビュー1年目であることetc・・を考えると、概ね良しとしています。特に去年はカウンターから失点しているのが目立っていたのでディフェンスが安定していたのは良かったと思います。

 得点したのが矢島と登里というのは今年のシーズンを戦う上で期待の持てる結果でした。特に矢島は怪我が多く、幻滅していただけに期待が持てました。ジュニーニョが復帰して残りの1枠を矢島、黒津、楠神、小林、久木野が争うと言うのは理想とも言えます。そしてジュニーニョの座を脅かす選手が出てほしいですね。

 問題なのがディフェンスで奪ったボールを素早く攻撃側につなげられないこと。間の稲本と柴崎が前方と息を合わせられなかったのは課題かなと思います。去年もこのディフェンスとフォワード間をつなげる役目は中村憲剛に負わせていたので、まだ解決できないのは痛いです。新加入の柴崎は危ない部分が少なく、概ねやりこなせているようですが、攻撃的に守る(次の攻撃に移れる守備をする)という部分がまだまだで、この辺が今シーズンの課題になってしまうのかもしれません。

 逆に攻撃はジュニーニョの不在を感じさせませんでした。試合が始まってしばらくはボール自体がフォワードに届かなかったのでどうしようもなかったのですが、先制点を取ったあたりから連動性が出てきました。もっともこれは、川崎が先制したとたんに山形の守備が崩壊したと言った方がよいので、果たして今後もこう点が取れるかは未知数ですけどね。

 ただ、交代で入った山瀬にしても、一人でボールを持って行ける選手が増えたのは喜ばしいです。Jリーグを見ていると、パスを受けると次のパスコースを探す選手が多く、自分でボールを持てる選手はなかなかいません。それが矢島、山瀬と出てきたのは「サッカーを観ることをを愉しむ」と言った面ではとっても良いことだと思います。

 次はマリノス戦です。早くも今シーズンを占う大一番となりました。川崎は山瀬、田中、小宮山とマリノス出身者が増えてきたので、遺恨試合という要素を含めて楽しみになりました。もちろんマリノスに移籍した谷口との対戦も楽しみです。

 等々力陸上競技場 観衆:18.673人

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »