2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/23

川崎 1-2 仙台

0423


 やっと再開。サッカーのある日常が戻ってきました。スタジアムの募金箱に幾ばくかのお金を入れます。被災地の人のことを思って・・と言うよりも仕事があって家庭があって、サッカーを見ることができることに対する感謝の気持ちの方が強いです。今シーズン、等々力に行くたびにそうしようかと思います。

 さて試合の話。久しぶりに怒れる試合を見ました。前回の山形戦でなんとか戦えるめどがついたかなと思ったのですが、去年に逆戻りですね。逆戻りというよりはイジりすぎと言ってもいいかもしれません。あそこまでメンバーを変える必要があるのかなと思います。

 連携の悪さ、妙なケアレスミスが非常に目につきました。ゴールキックをかっさわれる、ボールがタッチラインを割りそうになると走るペースを落として後ろから来た仙台の選手にかっさわれる、味方が走り込んでも誰もフォローにいかない、そして相変わらずコーナーキックから点が入らない。そういう中でどうやって勝てというのかと思いました。

 今日の試合のポイントは、仙台は中村憲剛を殺すことに成功したことだと思います。ここで言う殺すと言うのは殺人ではなくて、ポジショニングの生き死にのことですね。彼に仕事をさせなかったことが、前回の山形戦との違いでした。川崎の選手がボールを持つと、リャン・ヨンギが憲剛との間に入り込んでパスを出させません。よって必然的に川崎の選手は憲剛をパスして前に出すのですが、そこで仙台のディフェンダーは網にかけてボールを奪い、速攻をかけます。そういう戦術が前半はツボにはまって川崎に仕事をさせませんでした。

 ただ、それでも自分の時間を奪い取った川崎はラインを上げて点を取ります。この時点で私は川崎の勝ちを確信しました。前半は仙台の運動量が大きく、このまま後半に入れば仙台はバテるだろう、カウンターを入れれば川崎は逃げ切るなと思っていました。それは非常に甘い希望的観測でしかありませんでした。

 運動量が落ちたのは川崎の方で、ミスをかっさわられてさんざん攻め立てられました。交代で入った田坂、ジュニーニョ、棗もポジショニングが難しかったのか、生きません。横山もディフェンダーと言うポジションになれていないのか、かなり危ない点が目立ちました。仙台の同点、逆転はそこから生まれました。まあひと言で言えば、見事な引き立て役になってしまったなと。

 負けたものは仕方がないにしても逆転負けはないだろうと思います。先日の横浜FC-富山戦もそうですが、逆転負けは次につながらないのです。(今日の横浜FCはもっと酷かったようですが)。選手が新しいポジションになれれば大丈夫なのかもしれませんし、ジュニーニョが復活すれば大丈夫なのかもしれませんが、現状、これなら大丈夫という目が出ないのが厳しいですね。

 等々力陸上競技場 観衆:15,030人

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »