2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 1-2 仙台 | トップページ | 岐阜 2-1 水戸 »

2011/05/01

名古屋 2-0 川崎

0429

 ゴールデンウィーク初日。バイクを飛ばして名古屋まで。渋滞は概ね予想通りでしたが例年よりすいていましたね。スタジアムに着いてキッチンカーで串焼きとか、赤鯱弁当など食べ物をいくつか買います。普段、サッカーを見るときは事前に食事を済ませるか、コンビニで弁当を買うかのどちらかなのですが、今年はアウェイ遠征の際はできるだけスタジアムで飲食物を仕入れようと思います。募金活動もいいのですが、ちゃんとお金を使って経済を回すことも必要ではないかと思います。募金と自粛ばかりでは私も被災地も日本も疲れてしまいます。

 さて試合の話。正直、この様子だと今年の川崎はかなり厳しいと感じました。戦力的にはいい選手がそろっているので降格までは考えなくてもいいのでしょうが、この戦い方で優勝できるかというと結構難しいと思います。

 うまくいかない理由をひと言で言えば、中村憲剛に依存している部分が高いわりには憲剛のポジションはサイドハーフであるため、マークをきつくされるとボールがほとんどつながらないということにあります。今日は稲本が負傷退場したことで代わりに憲剛がボランチに入りましたが、マークのきつさは相変わらずでした。彼がボールを持った時の展開力がずば抜けているので、対戦相手からすると彼を押さえることができるかどうかで川崎戦の勝敗が決まってくると言っていいと思います。

 去年は前線にボールを入れられるヴィトール・ジュニオールや強引に突破できるチョン・テセがいましたのでマークもそれぞれ分散できて憲剛は自由にプレーできましたが、今年はきついです。就任一年目の相馬監督の采配に注目がいっていますが、勝ちを見込めるようになるなら2列目にボールを出せる選手が欲しいです。山瀬と矢島にいかにボールを出すかが勝負なのですが、憲剛がふさがれた現在、登里に託すしかありません。ただ若いせいもあるのでしょうが、三都主に簡単にはじき飛ばされるようなフィジカルの軽さではきついかなと。登里、大島、棗の成長にかけて今年は我慢するのか、そういうつらさがありますね。

 逆に名古屋はケネディ1託というわかりやすい展開でした。玉田にしても永井にしてもケネディの高さと速さで生きているような所がありました。中村直志などはそれほどいいとは思えないのですが、前線が強力だと守備もしやすいのかなと思います。

 まあ負けてしまったものは仕方がないので次に期待なのですが、その次というのは次の試合なのか次の年なのか、まだわからない、というのは正直やりきれないですね。

 瑞穂陸上競技場 観衆:14,556人

« 川崎 1-2 仙台 | トップページ | 岐阜 2-1 水戸 »

コメント

今日、やっと勝てましたが、今季の川崎のキーマンは楠神、大島、福森ではないでしょうか?彼らがブレイクするか否かで順位が決まると思います。
ま、今のままでは、上半分に入れればなあという感じですが。

久しぶりに川崎に勝ったことは非常に大きなことですが、ぶっちゃけ、試合前から川崎戦は勝つだろうと決めてかかっていましたので気にしていません。

こんにちは。名古屋には勝てると思っていたんですけどね。世の中なかなかうまくいきません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 1-2 仙台 | トップページ | 岐阜 2-1 水戸 »