2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 0-2 松本山雅 | トップページ | 横浜FC 0-1 FC東京 »

2011/10/17

川崎 1-2 新潟

1016


 正直、こんなものだろうと思います。甲府戦に勝てたのも新潟戦に負けたのも全体的には大きな差は無く、先制点を取ったか取られたかの違いでしかないと思います。甲府戦も前半の早い時間帯にハーフナーマイクが決定的なチャンスを決めていれば川崎は逆転するのは難しかったでしょうし、この新潟戦も前半にあった稲本の決定的なチャンスを決めていれば川崎が逃げ切っていました。そう考えると前半終了間際のPK阻止を後半生かせなかったのはもったいなかったですね。

 試合自体が「こんなもの」と感じたのは、新潟の攻め方が受け身過ぎたこともありました。ディフェンスとボランチ、併せて5人が最終ラインに吸収されて守ってカウンター一本という戦術は、川崎相手にここまでするかなあと疑問に思います。まあアウェイですから勝てばいいというのもありますが、こういう試合をしていれば残留争いに巻き込まれるのも当然だろうと思います。別の見方をすると、チョンテセがいなくなった川崎と矢野がいなくなった新潟が、お互いに苦しい台所事情の中で試合をするとこうなるのかもしれません。

 ミシェウ、チョヨンチョル、田中と質の高い選手を3人前線に入れているわけですからもっと主体的に攻めてきても良かったのではないでしょうか。前節の甲府-川崎戦を見て、川崎のカウンター対策を敷いたのかもしれませんが、自分たちのサッカーをし続けることは次の試合につなげる要素でもあります。弱者のサッカーと言ったら失礼でしょうが、今の川崎はそこまで恐れるほどのチームでもないと思います。

 反面、川崎は守備ブロックの固い新潟に殆どセカンドボールを拾われてしまったのが大きな敗因になりました。中盤の攻防でボールを取られてカウンターを食らえば致命的になります。総攻撃状態でしたので人がいませんでした。

 8連敗前からそうなのですが、強力なフォワードがいなくなった今の川崎は上位を狙う力がありません。柏などはうまくやっているので川崎もできないことはないのでしょうが、チームカラーを考えるとすぐに変化を出すのは難しいと思います。この先どうなるか、結構きつい試合が続くのは間違いないでしょうね。

 等々力陸上競技場 観衆:16,903人

« 横浜FC 0-2 松本山雅 | トップページ | 横浜FC 0-1 FC東京 »

コメント

私はテレビ観戦でしたが

今季、0-0のイーブンの状態でここまで引いた試合は無かったと思います。

負ければ降格圏との勝ち点差が『3』しかなくなるというのが原因だったかと。

今年の新潟が残留争いをしている要因としては、何と言っても終盤の逃げ切り失敗。
(後半30分以降、今季13失点。ラインが下がりすぎとはいえ、石川の個人レベルの対応の悪さがこの内の半分以上を占める)

こんなのはどこのチームにも言えることかもしれませんが、今年の新潟はこれで落とした勝ち点が11。これはあまりにも多すぎる。
(比較対象:同条件で川崎が落とした勝ち点は6)

つまり何が言いたいかというと、「いつもこんな試合をしているわけではない」ということです。

「こういう試合をしていれば残留争いに巻き込まれるのも当然」ではなくて

「残留争いに巻き込まれたからこういう試合をした」

というのが私の中の認識です。

長文、失礼しました。

まぁ、去年までの川崎なら多少守備を固められても、こじ開ける事が出来ていたんでしょうけどね。
中途半端なクラブになってしまいましたね・・・

こんにちは。
この試合出言うと、下位同士の試合としか見えなかったので、その部分で悲しいモノがありましたね。
難しいとは思いますが、川崎としては次につながるモノが欲しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 0-2 松本山雅 | トップページ | 横浜FC 0-1 FC東京 »