2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎 3-2 横浜FM | トップページ | 横浜FC 1-2 札幌 »

2011/10/02

甲府 0-1 川崎

1001


 気温は高いですが、秋雲の下で観戦するのは気持ちがよいです。10月に入りました。今年もあと3ヶ月。

 1-0の勝利。勝ち点は37となったので、J1残留はほぼ決めたと言って良いでしょう。良いことですが、来シーズンに向けて北陸や四国の遠征計画をいろいろ立てていたのは内緒です。
 3試合で勝ち点7、4試合負けなしですから立て直してきたともみれますが、勝ったのは残留を争いのチームで引き分けたのが小野や高原のいない清水ですからなんとも言えませんね。まあ残留を直接争うライバルに勝てたのは大きいですし、ここで負けると本当に土ツボにハマるので、まずは勝ったことを喜びたいです。

 試合の感想ですが、何かこう、川崎フロンターレを相手に試合をしているような気がしました。ジュニーニョをハーフナーマイクに替えたようなものでしょうか。ありあまる決定機をすべて外してくれたハーフナーに感謝しなければなりません。ジュニーニョもかなり外しますが、今日は小林が決めたことで川崎が勝つことができました。客観的に試合を見た人なら「プロの試合ならこんなものだろう」で終わると思います。見所のない試合だったと思います。甲府サポーターや川崎サポーターにとって見れば絶対落とせない大切な試合でしたけどね。

 川崎側から見ていて一番不満なのは中盤のボールをみんな甲府に取られてしまったことでした。甲府のボールが奪えるのは川崎の自陣深くで、ここで奪ってカウンターに持ち込んでも距離がありすぎるのでなかなかゴールまで届きませんでした。おそらく守備の意識を高く保っていたため、中盤で人数をかけてとりに行けなかったのが原因だと思いますが、見ていて妙にイライラしました。守備の意識を高めた結果、無失点で済みましたが、もう少し精度の高い選手、例えばケネディや清武だったらもっと後ろから決めていたのではないかと思います。

 客観的に見ればチームが崩壊していた時から問題を抱えていた開幕時の状態に戻っただけとも言えますが、も結果を出したのはよかったと思います。内容の良い負けよりも内容の悪い勝ちの方が遙かに価値がありますので。あとは脱ジュニーニョをどう見るか、そして去年取った大量の新人をどう戦力として生かしていくのか、新外国人はどうするのか、そういう本質的な問題を解決していかなければ来年も同じ、あるいはもっと酷いことになると思います。

 山梨中銀スタジアム 観衆:10,377人

« 川崎 3-2 横浜FM | トップページ | 横浜FC 1-2 札幌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎 3-2 横浜FM | トップページ | 横浜FC 1-2 札幌 »