2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/17

川崎 4-0 大分

1116


 定時退社して等々力に向かいます。フロンターレの試合を見るのも久しぶりです。リーグ戦と比べて観客が極端に少ないのが気になりますね。毎回不思議に思うのですが、リーグ戦もカップ戦も同じサッカーなのにどうしてこんなに客入りが違うのでしょうか。

 さて試合の話。

 文句のつけるところがない完璧な勝利。まああえて言うのならば、相変わらずコーナーキックから、とかジュニーニョが、とかあるのですが、それを言うのは野暮だと思います。相手がJ2と言うのもありますが、えてしてカップ戦は上位チームにとって難しい試合になることが多いので、これも言うのは野暮ですね。去年の横浜FC戦がグダグダだったことを考えると立て直したかなと思います。まあリーグ戦を見てみないと何とも言えませんけどね。

 引いた相手に対して速攻をかけることなく連動性を考えながらゴールまで攻めていったのはすばらしかったと思います。ジュニーニョがパサーに徹したのは少し複雑な気持ちですが、この試合はそういうミッションだったと言うのならそれもありでしょう。柴崎や横山のボランチも効いていましたし、小林や田坂の詰め方も良かったです。スタメンや交代も概ね妥当でした。

 試合自体に見せ場とかヤマとかいうものが全くなかったのが、ケチの付け所かもしれません。しかし実力差が開いている相手に手を抜かずにキッチリと試合を進めればこういう展開になります。この試合におもしろさを求めるのならば大分側の問題になると思います。例えばジュニーニョがクロスをあげて田坂がヘッドで決めたシーンがありましたが、あれは田坂をフリーにした大分側のミスでした。もし川崎が同じ形で失点したら、多分怒り心頭だったと思います。

 久しぶりに快勝といえる天皇杯でした。次の相手は湘南です。会場が等々力というのがアレで、できれば下位カテゴリーのホームでやって欲しかったと思います。アップセットがあるからカップ戦は面白いのですから下位チーム優先であるべきですね。

 11月も後半に入り、シーズンに終わりが見えてきました。サッカーシーズンは来年初頭まで続きますが、都市を重ねるごとに1年が過ぎるのが早いです。私のサイトも来月をもって丸10年になります。10年立っても私は何も進歩していないのが逆に感慨深いですね。

 等々力陸上競技場 観衆:4,747人

1116a


2011/11/06

NEC 26-38 パナソニック

1106


 ラグビートップリーグ2011-2012シーズンが開幕しました。今週は第2節になります。開幕戦でパナソニックはサントリーに負けたので厳しいシーズンになるのかなと予想して柏の葉に来ました。やはりトニーブラウンの引退は大きかったかな。NECのユニフォームは昨年までの緑1色から緑と白色のボーダーになりました。ベルディと一緒ですが、こっちの方がずっと格好いいです。やっぱりラグビーは横縞が似合います。サッカーは似合いません。パナソニックは昨年の赤色から青色に変更。つまりガンバと同じですが、こちらは予想通り可もなく不可もなく。

 さて試合の話。前半がNEC 0-31 パナ、後半がNEC 26-7 パナ、合計がNEC 26-38 パナでした。これが何を意味するのか・・・。前半を見た限りではNECの凋落が著しく、ここまで墜ちたかと思えるほどでした。タックルが全く入らず、パナソニックに独走を許す様を見て、東芝と覇権を争った数年前の強さが懐かしく思えるようになりました。事実、私の周りの観客はあきれ果て、ハーフタイムには席を立つ人が続出、後半のスタンドはうら寂しさが残りました。

 後半が始まってからも状況は同じで、パナソニックが1トライあげて試合の趨勢が決まったと思えた直後、NECの怒濤の反撃が始まりました。後半20分、NECが最初のトライを決めるとあとはずっとNECの攻撃。私はNECのメンバー構成が全くわからないので見た感じで書きますが、右サイドからの外国人選手の突破が一方的で、独走を繰り返すようになります。これをパナソニックは止められません。ラグビーでは珍しいイエローカードまで出て、パナソニックに焦りが出てきたことが手に取るようにわかります。

 何故こういう展開になるのか?サッカーでもこうなることは時々ありますが、それは戦術の変更があったり機能しない選手を入れ替えたりしたから、ということでだいたい説明がつきます。そういう意味ではこの試合でも選手の入替はあって、ハーフタイムに選手を3人入れ替えてきました。戦術に変更があったようにも見えないので(もっとも私はラグビーの戦術は未だにわかりません)、この3人の入替が鍵を握ったことになります。ただ、何故後半20分過ぎなのか・・・この理由ががNECの今シーズンを占う肝になると思います。20分で26点取ったこと、そして4トライを挙げて勝ち点1を取ったこと、これができた理由を気合いとか根性で説明できるほどラグビーは簡単なスポーツではないと思います。

 この試合で面白かったのはNECの応援でした。NECのゴール裏で数人のサポがコールをしていたのですが、突然メインスタンド側端で野太い声の集団が「えぬいぃーしー!!!」「にっぽんでんきぃぃーーー!!」と大音量で応援を始めました。最初はNEC社内応援団かと思っていたのですが、まだあどけない顔立ちの子ばかりでしたので、ラグビーの試合を見に来た高校生か大学生達だと思います。観客全員は苦笑。そして拍手。パナソニックの一方的な展開にしらけきっていたスタンドに盛り上がりを与えてくれました。おそらくこの応援も選手の頑張りの原因の一つになっていたのかもしれません。選手を怒鳴りつける心無い川崎フロンターレサポーターに辟易していた私には、応援のあり方というものを考えさせてくれたシーンでした。

 柏の葉公園総合競技場 観衆:3,287人

(追伸)他サイトの戦評や観戦記によると、後半のNECの反撃はパナソニックがキャプテン霜村とマイク・デラーニを交代させたことによって守備の押さえが効かなくなり、攻撃もできなくなったことが大きな理由のようです。確かに何故キャプテンを外すのか、前半トライを取った外国人選手を外すのかという点では不可解な選手交代でした。

2011/11/04

川崎 0-1 大宮

1103


 新ユニフォームの発表ときいて、ちょっと楽しみにしていたのですが、横縞のボーダーと聞いて落胆しました。どうして横浜FCの4年遅れのようなことをするのかなあ・・・・。世界唯一のオリジナルとか主張していましたけど、関東学院大学ラグビー部そのものとしか・・・・。デザイン的に言うと、パステルカラーと黒という組み合わせは非常に難しく、よほどうまくやらないとパステル側が濁ってしまうんですよね。しかもデザイン的に最悪なのが、胸スポンサーの「FUJITSU」が水色と黒のツートン部分に掛かってしまっていること。これだとスポンサーネームが目立ちませんよ。ちょっと失礼じゃないかなと思います。横ラインのユニフォームにするならスポンサーネームの部分を太い黒ラインで1本敷いて、黒ライン直下に細い白のアクセントラインを1本引けば充分だと思います。と言うか、そろそろ伝統のデザインというのを作りませんかね。スタジアムにしてもユニフォームにしても、○○をモチーフにデザインしました、という考え方は大抵世間の評価を外しています。

 さて、試合の話。大宮に先制点を食らえばこういう展開になるだろうなと思います。大宮と対戦するときはいっつもこう・・手応えが全く無い割には噛み切れない、ゴムのような試合になることが多いです。大宮の戦術を見ても、ラファエルとそれ以外、というフォーメーションで、誰がどこで何をしているのか、今ひとつやっていることがわかりません。全員守備、ただそれだけ。イチョンスなんて相当優秀なフォワードのはずですが、彼が交代で出て行くときに初めて今日はスタメンででていたのかと気づきました。もう少し使い方があるんじゃないかと思いますけどね。

 ただ、失点はともかくとして、あれだけ川崎がポゼッションを取ったのですからもう少し攻めようがあっただろうにと思います。というか、攻めるにせめて、何故決められないのだと思います。ジュニーニョが散々コーナーキックを蹴りたがっていたようですが、何かあったのかな。こういう場面を見ると、いつも川崎は見えないところで何かあるんじゃないかと疑ってしまうのですよね。

 全体的に見栄えのない試合でした。同点にしていれば、その後は壮絶なカウンターの打ち合いになったと思いますが、終盤ガッツリと守られてはどうしようもありませんでした。この試合をひと言で言うと、川崎の自滅でしたね。

 ◆あまり愉快でない追記。
 今シーズン、私はメインスタンドホーム寄りSA指定席(屋根下のスクールコーチ席斜下)で観戦していたのですが、私の真隣の人の野次が酷くて閉口しました。私自身、試合展開によっては声を上げることもあるので、あまり書きたくはないのですが、野次の内容が怒鳴りつけ口調で汚く、それも審判を含めて大きな声であたり散らすのでかなりイライラしていました。プロサッカーは興業ですから、野次を飛ばすこと自体は仕方がない面もあります。ただ、言い方や程度というのがあります。怒鳴り散らすというのは人格批判にもつながり、それは許されることではありません。またこういう怒声が選手の意識向上につながるとはとても思えません。結局本人の鬱憤晴らしでしかないでしょう。年間指定席ということもあって、今シーズンはそのイライラに付き合わされる形になりました。一度注意したことがあって、そのときは落ち着いたのですが、この試合でもまた怒声が飛びました。今シーズンはあと1試合ですが、次の試合でも起きたら次は多分キレます。というわけで、もしこの観戦記を読んで、俺のことを言っているのではないかと感じる人がいたら自重してください。サッカーは「観客みんなが」楽しく見るものです。それが成り立って次に勝敗があります。

 等々力陸上競技場 観衆:17,556人

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »