2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« FC東京 4-2 京都 | トップページ | 川崎 1-0 新潟 »

2012/03/04

柏 2-1 FC東京

0303


 予想に反してに柏レイソルが勝ったわけですが、こういう花試合にガッチガチの戦術をとる必要も無かったのではないかなと思います。リカルド・ロボや工藤と言った、期待の戦力がどの程度できるのかを楽しみにしていたのですが、北嶋を持ってくるとは意外でした。ワグネルを中盤に押し込んで、真ん中から飛び道具として使うのは効果的でしたが、もっとフォワードを前面に出してお互いにゴールを狙って欲しかった。まあ狙い通りに勝てたわけですから、それ以上突っ込むのは野暮ですが、客観的に見ている分にはちょっとな・・・と思います。逆にFC東京は、柏が引いて守った前半最初の時間帯に点が取れなかったのが致命的でしたね。カウンター狙いのチームに先制を許すとそれに勝つのは難しくなります。


柏はルーカスへのパスの出所を徹底的につぶすやり方が成功して、FC東京の攻撃はうまく行きませんでした。去年、横浜FC対FC東京の試合を見ても思っていたことですが、FC東京はあまり速攻という攻め方はしません。昨年は今野、今年は椋原にボールを持たせて、そこから攻めどころを探す方法をとります。監督を代えてもやり方を変えないのは良いのですが、そこからルーカスにボールをどうつなげるのか、その方法が見えません。梶山にボールを持たせた後で潰しに掛かります。この辺の展開力のなさがFC東京の弱点なのかなと感じました。

 攻め方に多様性がなかったなと思います。何故、キーパー塩田からのパスは必ず椋原なのか。逆サイドに太田が走っているのになかなか彼にパスは出ません。そういう約束事なのか、ただのワンパターンなのか、その走り方ではパスは出せないと塩田は読んだのか、その辺はわかりませんが、最初の攻撃という部分で効果的ではありませんでした。

 ただ太田もオーバーラップしたその先ではかなりいい働きをしました。ハーフウェイラインを越えたあたりでパスを貰うと、フォワードへのパスはかなりゴールに近い位置で渡すことができます。清水時代からそういう長所はあって、逆にカウンターの餌食にもなっていたのですが、うまく使うことができれば第二の長友も夢ではないと思います。

 太田の加入も含め、FC東京は新加入の選手を積極的に使ってきました。長谷川のスタメンなどもその一つです。柏もFC東京もACLを戦います。リーグ戦のスタメン選手だけでは絶対に戦えないので、どの選手が出ても戦えるようにしなければなりません。そう考えると、新加入選手を積極性に使ったFC東京は、この試合に負けても得るものはあったのかなと思います。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:35,453人

« FC東京 4-2 京都 | トップページ | 川崎 1-0 新潟 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FC東京 4-2 京都 | トップページ | 川崎 1-0 新潟 »