2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 横浜FC 2-1 京都サンガ | トップページ | 川崎フロンターレ 1-4 サンフレッチェ広島 »

2012/04/23

宇宙戦艦ヤマト2199

0423bg_2


「名探偵コナン」を見たついでに「宇宙戦艦ヤマト」も観賞します。サッカーとは関係ありませんが、許してください。というか、さすがに毎試合書き続けると書くことが無くなってきます。これが観戦記ではなくて戦評なら観戦の都度かけるんでしょうけど、素人の書く戦評なんて読む方も書く方も面白くないんですよね。それを言っちゃお終いですけど。

 宇宙戦艦ヤマトですが、一昨年の実写版に続く2度目の放映です。今度はリメイク。やっぱりこっちの方がいいですわ。キムタクの実写版は正直言って、見たかったヤマトではなかったです。設定が根底から変わっているので当然ですけどちょっとね。宇宙戦艦ヤマトの面白さを実写版を企画した人はわかっていなかったのではないかと思います。

 宇宙戦艦ヤマトの何がいいのか?それはまず、旧日本海軍の戦艦大和が非常にカッコイイ、というのが大前提にあるのです。だから映画のタイトルが「宇宙空母エンタープライズ」とか「宇宙戦艦アイオワ」ではダメなんですよ。46センチ主砲を9門搭載し、両舷をハリネズミのような高角砲と機銃で固め、城のようなでかい艦橋の戦艦大和がみんな大好きなんです。

 それがあのまんまの形で宇宙を飛び、主砲をぶっぱなして敵艦隊を単艦で殲滅してアンドロメダ星雲を一往復してきて地球を救うと言う、非常にストレートでわかりやすい話にしびれるのです。そして電映クロスゲージがどうした、とか波動エンジン内圧力上昇とか、目標まで何万宇宙キロとかカッコイイ単語をちりばめて雰囲気を作るからのめり込むことができるのです。ちなみにこの作品の第一作を見たときは私は小学校5年生でしたが、アニメをきっかけに第二次世界大戦中の軍艦はその歳で殆ど覚えました。

 その部分がカッコいいからこそ、作品に出て来るウソや矛盾は全て受け入れることができます。だいたい250年前に沈没した軍艦を改造して宇宙船にするとか、宇宙空母に飛行甲板が必要なのか、とか宇宙空間で急降下爆撃をする意味とか、宇宙空間で火花が飛び散るとか、もう小学生の時点でウソくさいとわかっていました。

 でもそんなことは全く関係はなく、かっこよさと爽快さ、効果音の迫力、フルオーケストラを使った音楽、そういう今までのアニメーションとは一線を画す迫力こそがヤマトの楽しさであるわけです。今回のリメイクではそれらの「楽しさ」がブラッシュアップされています。セルがCGとなりスピード感がでて、海上自衛隊で使う言葉や階級が取り入れられて、と当時を知るモノにとっては、これが見たかったという作りになっています。萌えキャラも追加されていますが、これについてはまあ・・。

 今回はヤマトが発進するところまでです。次回以降はワープや波動砲が出るでしょう。ストーリーは全て知っていますけど、それ故に、その都度これが見たかったと思う作りになっているのではないかと思います。

 ちなみに初回から土方指令が出演しています。かれは第二作「さらば宇宙戦艦ヤマト」で出てくるキャラクターです。ということは作品の構想としては第二作の白色彗星帝国編も意識しているのかもしれません。私は第二作が一番の傑作だと思っていますので、是非最後までやり続けて欲しいなと思います。

 ちなみに私の甥っ子(11歳)もコナンに引き続きヤマトを観賞しましたが、全くと言っていいほど興味を引きませんでした。まあ時代なんでしょうね。

 21時30分~ 横浜ブルク13

« 横浜FC 2-1 京都サンガ | トップページ | 川崎フロンターレ 1-4 サンフレッチェ広島 »

コメント

ヤマト私も観にいってきます!

サッカーネタではない、わかさんの日記も新鮮でした。

こんにちは。
最近はサッカー以外の記事も書こうとしています。また見に来てください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜FC 2-1 京都サンガ | トップページ | 川崎フロンターレ 1-4 サンフレッチェ広島 »