2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« キリン (映画) | トップページ | 横浜FC 3-0 カターレ富山 »

2012/05/14

川崎フロンターレ 0-2 柏レイソル

0512bg


 まあ結局サポーターというのはチームがどうであっても応援していくしかないんだよな、ということを改めて感じました。一つ一つの試合を泣いて笑って怒っていくしかないんでしょう。

 監督交代後の3試合は4失点、3失点、2失点と来ていたのでこの試合は1失点だろうと予想して、だったら2点取れば勝てるかと考えていたのですが、実際は2失点でした。くれぐれもロスタイムの失点が悔やまれます。いろいろな意味で。本当はどうでもいいんですけどね。

 試合前からわかっていたことですが、柏のような圧倒的な攻撃力は守備を助けるという良い見本のような試合でした。川崎の中盤をディフェンス側に張り付かせればカウンターすらままならなくなります。全盛期の川崎が散々やった手で、それを今になってされるとは悔しいモノがあります。こういうチームは引いて守ってカウンターが有効なのですが、それをしなかったのは良しとします。私はそういう試合は大嫌いなので。

 敗因は柏の攻撃にやられたことよりも、柏の守備を突破できなかったのが痛かったと思います。#3近藤がゴール前の川崎のチャンスを全て摘んだので、川崎は点を取るために総攻撃状態となり、結果柏のゴール前が大混雑になりました。そこをカウンターで食らうとやはり苦しくなります。仕方が無いとは言え、もう少しなんとかならなかったのかと思います。特に田坂。あれだけサイドを走ってきてセンタリングの一つもあげられないようだと、試合に勝てないのは当然だと思います。

 川崎は変革中のようなので、今しばらくは見守りなのでしょう。これだけ毎節スタメンをいじくり回して本当に大丈夫なのかと思いますが、今は黙っていようと思います。

 等々力陸上競技場 観衆:16,054人(公式発表)

« キリン (映画) | トップページ | 横浜FC 3-0 カターレ富山 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キリン (映画) | トップページ | 横浜FC 3-0 カターレ富山 »