2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎フロンターレ 0-2 柏レイソル | トップページ | ◆韓国遠征記1 昌原(チャンウォン)へ »

2012/05/15

横浜FC 3-0 カターレ富山

0513bg


 文句のつけようがない完璧な試合でした。これほどまで美しく、かつ無駄のない試合というのは総観られるモノではありません。実力差があればこうなる、というものでもありません。相手の試合の取り組み方と、それを制圧するだけの実力差が必要です。横浜FC戦で他にあったかというと、ちょっと記憶にありません。例えば以前の京都戦も完勝と言えるのかもしれませんが、あの試合は京都の必要以上にパス回しを行ったことが、横浜FCのゴールを奪えなかったと思っています。

 このすばらしいのはミッドフィルダーのシュートを狙う意識で、シュートコースが見えたら打とう、と積極的に狙ったことでした。これが相手を必要以上に警戒させ、ラインを上げさせなかったと思います。富山のフォワードである黒部・苔口の両名ともこの試合では存在感はありませんでした。中里のループシュートは試合を決定づける1点だったと思います。またこの試合、点を取ったのは全てミッドフィルダーでした。それは大久保や田原が前からプレッシャーをかけ続けた効果でしょう。ディフェンスにしてもフォワードにしてもこの試合は各ポジションの選手が自分の役割以上に仕事をしました。

 その後も横浜FCはポゼッションを握り続けました。後半ロスタイムに入っても攻め立てるのは、逃げ切る必要のない点差なのもありますが、今までの鬱憤ばらしや失った得失点差を少しでも取り戻そうとしたためでもあります。その意欲は惚れるに値するモノです。こういう試合を、招待デーの時にできるのならば、今回招待で来たお客さんはまた来てくれると思いますし、サポーターになってくれると思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:5,259人

« 川崎フロンターレ 0-2 柏レイソル | トップページ | ◆韓国遠征記1 昌原(チャンウォン)へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎フロンターレ 0-2 柏レイソル | トップページ | ◆韓国遠征記1 昌原(チャンウォン)へ »