2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 日本代表 26-27 サモア代表 | トップページ | 横浜FC 1-1 アビスパ福岡 »

2012/06/24

川崎フロンターレ 0-0 横浜F・マリノス

0623bg


 最初に素朴な感想をひと言。マリノスのサポーターって田中や小宮山にしつこくブーイングをしていますけど、ああいうのってやってて楽しいのかなと思います。というか他のチームに行った元マリノスの選手にもやっているのかな?渡辺とか長谷川とか坂田とか。私だったら楽しさよりも悲しさの方が先に来ますけど。

 スコアレスドローの試合を面白く観戦できたのは久しぶりです。年1、2回そういう試合があって、そういう時はスタジアムに行って良かったなと思います。もちろん勝ってくれれば良いのですが、なかなかそうは行きませんね。

 風間監督が就任してから私はフロンターレのやり方に疑問を持ってはいました。しかし、攻撃的なサッカーを見せたいと言うクラブの思いとそれを体現してきた監督、応えてくれた選手達の努力は素直に凄いと思います。試合のレベルはかなり高度でこういう試合をJリーグで見ることができるのは幸せなことです。

 何が高度なのか?と言うと状況判断が非常に速いということだと思います。ボールを奪いに行くときや数的不利になったときはすぐに複数の味方が付き、フリーでボールを持てばすぐに複数の味方が展開する、そしてダイレクトにロングパスが出せる。別に難しい戦術を用いているわけではありません。広い視野と素早い状況判断が生んだシロモノで、それが試合のレベルを高くしています。この試合、惜しむらくはフォワードがチャンスを生かせなかったことで、やはり全盛期のジュニーニョクラスのフォワードが欲しかったと思います。それがあれば勝てていました。

 田坂と楠神が中に切り込んでボールを出せること、福森の成長など見るポイントはたくさんあります。稲本が先発で行けるのは高齢化と言うことを考えると問題なのかもしれませんが、少なくとも今日のプレーを見ている限りでは若手に変えるべきとも思いません。後半、足が全体的に止まりつつありましたので、交代のタイミングも適切でした。

 マリノスは中村俊輔の早い時間での退場が響いたと思います。俊輔の交代直後、川崎のペナルティエリア近くでマリノスのフリーキックがあったのですが、そこは俊輔が確実に決めるポイントで、実際危ない位置でした。マリノスはここ数試合無失点できていて、確かに今日の試合を見ている限りでは固い守備だったと思います。

 ただ、全体的にマリノスは攻める手段は限られていました。フリーでボールを受けられる場面が少なく、サイドに逃げるようなパスが多く、それはしばしばラインを割っていました。前半は特にそうでした。逆に言うと、前半川崎が点を取ることができれば勝ちにつながったのではないかと思います。

 川崎は3連勝後の引き分けと、4試合で勝ち点10をあげています。それは決して悪いことではなく、次の試合につなげることができます。次は監督が替わった神戸です。ここで勝つことができれば一皮むけることができたと言えるのではないでしょうか。

 等々力陸上競技場 観衆:20,590人

« 日本代表 26-27 サモア代表 | トップページ | 横浜FC 1-1 アビスパ福岡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本代表 26-27 サモア代表 | トップページ | 横浜FC 1-1 アビスパ福岡 »