2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/23

横浜FC 3-1 ガイナーレ鳥取

0722bg


 この試合、大口のスポンサーによる大規模な動員があったようでバックスタンドはほぼ満席でした。横浜FCの試合で座る場所を見つけるのに苦労したのは久しぶりのような気がします。席の隣が家族連れだったので聞いてみると、招待券1枚でS席5名ご招待。満席の場合はA席ご案内。入場者にはもれなく次回S席ビール券付き1500円のチケットをサービスしますとのことでした。ビール券付きのチケットは「あげる」とのことでしたのでありがたく貰いましたが、まあなんだかなと。大口スポンサーによる動員は決して悪くはありませんけどね。川崎だって次の大宮戦は大規模な社内動員をかけますし。ただ、何度も何度もS席無料招待とか、ビール付き1500円とかを繰り返すのは考えてしまいます。ここ何試合か、入場者数は8000人を超えているので目論見は概ね成功していると言えるのでしょう。横浜FCの内情は全くわかりませんが、スポーツマーケティングに精通した人を雇ったのかもしれません。

 選手紹介前のスタジアムムービーが前節の放送事故の煽りを受けて取りやめとなりました。正直言うと、やめて良かったと思います。以前から思っていたのですが、選手紹介って楽しく明るく元気よく煽るのが基本だと思います。対戦チームのスタメンは極力さりげなく淡々と行い、それが終わったら対比が際立つようにアップテンポで始める方が盛り上がるものです。ところがあのスタジアムムービーは妙にセンチメントな空気を作り出してしんみりしてしまい、しらけるのですよね。ああいうのって、J1昇格を決める直前の試合限定でやればいいんですよ。ムービーが終わる直前に「 Good by J2 」とでも表示すれば盛り上がるのではないでしょうか。負けるとみっともないですが。

 今日の対戦相手は鳥取です。鳥取のアウェイユニフォームは白地に少しだけ灰色を混ぜていて、それが妙に荒んだ空気を生み出してカッコイイです。キーパーユニフォームも赤地に少しピンクを混ぜて、艶消しをしているのが逆に映えています。戦う男達の戦闘服と言った感じで見とれます。横浜FCのユニフォームもそうですが、ヒュンメルはデザインセンスがかなりいいですね。スボルメやケルメもそうですが、寡占メーカーに対抗できる魅力が出ています。

 前置きが長くなりましたが試合の話をします。結果は横浜FCの快勝でしたが、試合自体はかなり拮抗していました。全体的に鳥取が押していた試合で、勝負を決めたのは高地の直接フリーキックでした。横浜FCもそうですが、中位下位のチームにとっては先制することが試合に勝つ要素の全てで、逆に言うと先制されたら勝てる見込みは殆ど無いという事になります。鳥取は怒濤の攻撃をかけ、それ自体は非常に魅力のあるものでしたが、同点弾を決めたと思い込んだシーンが実はオフサイドで、その気持ちを切り替えることができずカウンターを食らって追加失点をしてしまったのが敗因と言えるでしょう。同点ゴールを決めたうれしさはわかります。でも、ゴールを決めたら必ず副審を見ること、それを怠れば味方からは非難が、敵からは嘲笑が待っています。このシーン、私はゴールだろうと思っていたのですが、帰ってリプレイを見るとオフサイドで間違いなかったようですね。鳥取も抗議していなかったので揉めるシーンではなかったのでしょう。

 横浜FCの攻撃は相変わらず素晴らしいと思います。ボールを持ったら次のパスコースが見えています。選手全員で上がるのでそのコースも複数あって敵からは読みづらいですね。2点目は阿部のゴールでしたがディフェンダーが流れの中で点を取るあたりが好調さの理由でしょう。まあこういう戦術は実力差がずっと上のチーム相手にやると虐殺を食らうモノですが、今はこの調子で良いのではないでしょうか。

 驚いたのは鳥取でした。これだけ激しいプレーができるチームが何故下位にいるのかわかりません。千葉からレンタルで取った久保選手が大当たりなのもあるのでしょうが、全体的にチームとしてまとまっています。積極的にラインを上げて食らいつく姿勢は見ていて飽きません。オフサイドのぬか喜びがなければ、先制のフリーキックが決まらなければ、そういう「れば」を使えるのならば結果は変わっていたかもしれません。

 横浜FCは次の富山戦がJ1昇格戦線に残れるかの見極めになります。実力的には勝っているし、アウェイで好調のようなので期待はできると思いますが、実際にどうなるかはやってみないとわかりません。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:9,687人

2012/07/16

横浜FC 0-1 ジェフユナイテッド千葉

0715


 大分戦、福岡戦、そして千葉戦と、今の横浜FCの立ち位置を理解するにはふさわしい試合だったかなと思います。これは決してネガティブに言っているわけではありません。今の横浜FCはどのくらい強く、J1に上がるためにはあとどのくらい強くならなければならないのか、そう考えることってとっても大切な事だと思うのですよね。

 これが富山や鳥取に負けるけれど千葉や大分には勝つよ、ということになると、いったいどういうことなんだと頭を抱えるのですけど(去年はそうでしたね)、今はこういう相手には勝つというのが見えるので、その先を見ることができます。勝てた理由、負ける理由がわかればそこを伸ばすなり直すなりすればいいだけですから。

 さて試合の話。負けたとは言え、とても面白い試合でした。最近の横浜FCは勝つにしろ負けるにしろ楽しく観戦できます。
 横浜FCの楽しいところは常にゴールを狙う意識が高かったことです。風上であることも原因ですが、ボールを持ったらゴールを狙うと言う姿勢がありありと出ていてペナルティエリア外からのシュートがかなり目立ちました。そのうちの何本かは結構惜しく、あれが入っていたらこの試合は、あるいはこの後の試合も変わっていたかもしれないなあと感じました。

 千葉の攻撃はそつがないものでしたが、横浜FCがそれに負けていたとは思いません。一発の決定機を確実に決めた(それがサッカーの一番大切な部分ですが)千葉が勝ったという結果でがっかりしてしまうものでもないと思います。

 横浜FCは大久保に疲れが見えてきました。前に見た福岡戦もそういう感じでしたので、そろそろ田原に変えてみてもいいかもしれませんね。それと小野瀬はもっと自由にさせた方がよいと思います。戦術に当てはめてしまうとあの選手の特徴はうまくだせないでしょう。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:8,547人

Y.S.C.C 3-0 MIOびわこ滋賀

0714abg


 午前中、船橋でプリンスリーグの試合を見た後で三ツ沢に移動し、JFLを観戦します。前節、YSCCが企画しているチケットで6枚4千円、JFL公式パンフレット付きというのがあったので購入しました。パンフレットは1冊千円なので実質チケット6枚で3千円となります。単価で考えると非常にお得ですね。ただ、本日の公式入場者数は563人。毎節500人台なので、ほぼ固定客で運営されているクラブという事になります。正直言うと有料試合を行うならコンスタントに1000人は入って欲しいところです。

 YSCCは本牧にある地元クラブなので観客はY.S.C.Cに縁のある人か、アウェイチームサポ、そしてこのカテゴリーを見るのが好きな物好きな人ということになると思います。この状態で観客を増やすというのは非常に難しい仕事です。チケットを回数券にしてお得感を打ち出すのはいいアイデアですよね。応援の意味で1冊買いました。

 さて試合の話。前節もそうなのですが、試合の全体を通してY.S.C.Cは前後が分断気味で、これがゴール前までなかなかボールがつながらない結果になっていると思います。今節からエースの辻選手が復帰していて、少し動けるようになっていました。しかしマークが集中すればそこで分糞詰まりになります。幸い?分断しているおかげでYSCCのディフェンスラインは人が多く、カウンターを取られても決定的なピンチはありませんでした。

 試合の後半も中盤を過ぎた頃、YSCCのボランチとトップ下が距離感を意識しだしたのせいか、攻撃のバランスがとれてきました。対応する滋賀の選手もばらけ初め、辻選手も動けるようになりました。先制点はそこで決まりました。決める人が決めるとスタジアムが盛り上がります。「やっぱり辻がいなきゃダメなんだよ」と言う声があちこちから聞こえました。それだけ存在感のある選手ということなのでしょう。

 そこから思い切りがよくなり、ファーからのロングシュートで得点、コーナーキックからの直接シュートで得点と、Jリーグでもあまり見ないような得点が増えてきました。この2得点は先制された事による滋賀の集中力切れが原因だと思いますが、一旦イケイケになるとうまく回るのがY.S.C.Cの特徴なのかもしれません。

 滋賀もロングシュートで惜しい所があったんですけどね。9番の外国人選手と同等の選手があと一人いるとY.S.C.Cにとってはかなり難しい試合になったと思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:563人(公式発表)

2012/07/09

清水エスパルス 0-0 川崎フロンターレ

0707bg_5


 天気がかなり怪しくて予報では豪雨もあると言うのでアウェイゴール裏1階席を買いました。日本平スタジアムはメイン・バックとも屋根が貧弱で雨が降ると逃げるところがありません。私の眼は遠近感に難があるのでゴール裏は苦手なのですが仕方がありません。実際にスタジアムに着いてみると超がつく快晴。17時過ぎのスタジアムは太陽がさんさんと降り注ぎ、蒸し暑さと不快さを倍増させます。しかも思いっきり逆光でピッチがマトモに見えません。サングラスを持ってくれば良かったと後悔します。

 さて試合の話。完璧に対策を取られているなと感じます。前節の神戸戦では敵ゴール直前までは進めたのですが、今回はハーフウェイラインを越えたあたりからプレスがきつくなり、裏を取られ始めました。もちろん決定機はいくつかあって、それが決まれば良かったのですが、レナトのところでオフサイドを取られる場面が多く、チャンスが潰れてしまいます。矢島に複数のマークがついている以上、2列目の小林とレナトの飛び出しに勝負が掛かってくるのですが、そこで決められないと辛いですね。レナトも加入当初は制度抜群のフリーキックを決めるなど期待できたのですが、ここ数節はレナトのところで潰されます。助っ人外国人選手がブレーキになると勝てなくなるのも仕方が無いかと思います。

 ディフェンスは相変わらず安定していると言いたいのですが、これは清水の調子が川崎よりも輪をかけて酷く、大前が全部外してくれたので助かりました。大前もまだ若いのですからもう少し怖さを感じさせないと。敵ながら気に掛かります。平山にしても大前にしても高校選手権決勝の活躍を生で見ている時は、こいつは期待できると感じたのですが、この辺で成長の限界があるのかなあと残念に思います。敵ながら凄い、とそう感じさせてくれる選手ならば、例え川崎相手に点を取ったとしても私は喜びますよ。やっぱり代表あってのJリーグですから。

 パスをつなぐにしても横パス、バックパスが増えてきたようにも見えます。これが増えると言うことは前監督時代のサッカーに戻ることになります。リスクを負って攻める。そして守る。ここをどうやって抜けるか。フォワードの人材は限られているので、今が堪えどころ、工夫のしどころだと思います。

 アウトソーシングスタジアム日本平 観衆:14,133人

2012/07/05

最低

横浜初、なでしこリーグを目指す 横浜FCシーガルズ誕生のお知らせ(横浜FC公式)

◆概要は
1.現在神奈川県1部の女子チームを横浜FCが吸収する。
2.ホームタウンも移す。
3.(未確定だが)おそらくチームカラーも変更する(緑から青に)

◆考えるポイントは
1.この話はシーガルスと横浜FC、どちらがもちかけたのか。
2.横須賀のチームとしてシーガルスを応援してきた人、関わってきた人たちはどうなるのか?
3.神奈川県1部相当の実力として現在在籍している選手達は今後どうなるのか?
4.フリューゲルスがマリノスに吸収された経緯とシーガルズが横浜FCに吸収された経緯はなにが違うのか。

-------------------------------------------------------------
◆私の感想
横浜FC側が持ちかけたという前提で話します。
(シーガルス側から持ちかけられたのならばなにも問題ありません)

応援してきたチームを勝手に取り上げられ、「この怒りを忘れない」とチームソングに織り込んで活動してきたチームが今度は吸収する立場ですか。というか、フリューゲルスの場合は全日空が「対応を間違えた」というだけで消滅のトリガの部分(佐藤工業の撤退)はやむを得ないものがあると思っていますけどね。今回の横浜FCのケースはそれ以前の問題じゃないのかな?

女子チームを作ろうが香港にチームを作ろうが勝手にやればいいです。しかし、やるなら何故最下部のリーグから始めないのか?勝手に横浜FCに名前を変えられ、チームカラーを変えられ、練習場所もホームタウンも変えられて、吸収されたチームのサポーターはどう応援しろというのか。

そういうことをされる人の気持ちがわかっている人たちがこういうことをする部分がすごく悔しいというか、もうあれから13年も経ってしまったのかというのか、そういう残念な気持ちがいっぱいです。

これについては元フリューゲルスサポーターの反応が見たいですね。「祝女子チーム誕生、目指せなでしこ」などと言っているようなら、それはもう時代なのかもしれません。

2012/07/01

川崎フロンターレ 0-1 ヴィッセル神戸

0630bg

 今日は川崎市制記念試合。陸上競技場のトラックを本物のフォーミュラーカーが走ったのはかなりの驚きでした。ドライバーは中嶋一貴と塚越広大という、一線級のドライバーを用意したのも凄いですが、さらに元F1パイロットの中島悟まで来たのはたまげました。今の20代の人たちは中島悟なんて言っても知らないかもしれませんね。モータースポーツの世界はサッカー以上に興味を持っている人が減少しているのでこういう企画はお互い良いのかもしれません。

 スタジアムについてバッグをあけると一眼デジカメを忘れたことに気がつきました。歳を取ってきているせいなのかなあとがっかりします。もっとも以前は買った前売り券を忘れたこともしばしばあったので以前通りなのかもしれません。

 スタジアムで「ふくしまの米」応援米を2キロ買います。近所のスーパーで買うより割高なのですが、最近どうも反原発運動がファッショ化してきてむかついているので、私は厳しい立場におかれている福島県の人たちを応援します。まあ、あんなデモなんてのは40年前のエンタープライズ佐世保入港反対運動などから見ればお遊びの範疇ですけどね。

 さて前置きが長くなりましたが試合の話をします。さすが西野監督だなと思わせる試合内容でした。川崎のフォワード陣に全く仕事をさせないことに狙いを定めて最終パスの部分を徹底的に潰しにかかりにきました。前の試合もそうなのですが、川崎の攻撃は敵ペナルティエリア直前でフォワードがパスを受けることが多いのです。

 川崎の攻撃はかなり自在なので対戦相手から見ると中盤を潰しに掛かるのはかなり難しいと思います。前節マリノスが苦労したのは中盤でプレッシャーをかけようとして捕まえきれなかったからでしょう。西野監督は川崎の中盤の部分はある程度好きにさせて、その最終パスを受け取る部分にディフェンスとボランチを集中させて奪いに来ました。その作戦はかなりあたっていて、矢島もレナト手が打てませんでしたね。

 川崎もディフェンスはかなり安定してきて、ペナルティエリアの中の部分は都倉も吉田も完全に押さえました。ただ、惜しむらくはあのロングシュート一発が無理だった。そこが非常に悔やまれた試合でした。

 この試合で言えるのはフォワードをどうするのかということだと思います。もちろん中村憲剛の負担が高くなっている中盤もそうなのですが、そこは稲本、あるいは柴崎でなんとかなりますし、ディフェンスはセンターバックが怪我をしても代わりの選手が質の高いプレーをしてくれます。あとはフォワードに怖さが必要だと思います。そこが向ければなんとかなるかなと思うのですが。これはジュニーニョ以後、全くかわっていませんね。最も今、Jリーグにいる選手で決定力の高いフォワードがいればドイツのクラブに取られてしまうのでしょうけど。

 消化不良の感が非常につよいままスタジアムを出ます。都倉が頑張っているのを見ることができたのはある意味幸せでした。吉田と大久保との間でポジション争いをするのは大変だと思いますが、頑張って欲しいです。

 等々力陸上競技場 観衆:18,056人

 

 

 

 

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »