2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | Y.S.C.C 0-2 FC琉球 »

2012/08/13

川崎 1-2 鳥栖

0811bg


 まあ何というか、オウンゴールにPK失敗と来て、それで勝てというのは難しいですよね。酷い試合は今までいくつもありましたけど、ここまでメチャクチャな試合というのも久しぶりなような気がします。

 言いたいことはいくつもあるのですが、監督が自分の息子をスタメンに組みいれるのはマズイだろうと思います。よっぽどスーパーな能力があって、コイツに任せればもう安心というのなら話は別ですが、他の高卒と同じレベルならば身内を入れてはいけません。スタメンを外された選手から見ると、納得しているのか気になります。最近の選手流出も仕方が無い面はありますけど、タダでさえ怪我人続出の状態で移籍させられる余裕があるのかと疑問に思います。

 試合が始まってしばらくの間は全体に押していて、先制したあたりからは「豊田もたいしたことが無いなあ」と思っていたのですが、後半に入ると鳥栖はキッチリと修正してきました。同点のオウンゴールは鳥栖のラストパスがペナルティエリア内のゴールに近い位置だったのでボールを見失ったのだと思います。それは仕方が無いにしても失点直後にカウンターを取られて逆転ゴールはいったい何なのか?集中力を切らしただけではとても説明できない失態だと思います。

 試合の進め方も問題で、中村憲剛にオンブに抱っこの試合運びは今後を不安にさせます。前回のホーム大宮戦でも逆転のきっかけをつかんだのは前半終了間際での憲剛からの同点弾でした。ぶっちゃけ、レベルの違う選手が一人いて、まわりはそれに合わせるような戦術は、かっての名波のいた磐田を思い出させます。名波引退後の磐田がどうなったかを思うと寒気がします。

 怪我人続出でやむを得ない面は確かにあります。けれども苦しいながらも先を見通すスジがサポーターに見えない限り、応援していても辛いのではないでしょうか。この試合の観衆が1万2千人と低調だったのも、単に夏休みだから、動員が期待できる対戦相手ではなかったから、そういう理由ではないように思います。

 等々力陸上競技場 観衆:12,509人

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | Y.S.C.C 0-2 FC琉球 »

コメント

たいしたレベルでもない自分の息子2人と大学の教え子がスタメンフル出場ですからね。勝ってるならだれも文句言わないでしょうが、ホームで逆転負けですよ。どこまで親バカなのか。周囲のサッカー関係者からも失笑を買っていることでしょう。こんな状態を許している武田社長にも問題ありと思います。観衆12000人ってマジで終わってますね。もう見に来なくなった人って風間サッカーにNOってことなのでしょうか。自分も早晩そうなりそうです。

晴れた週末で1万2千人という数字は記憶にないです。ある意味サポーターの根性が確かめられるのかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おおかみこどもの雨と雪 | トップページ | Y.S.C.C 0-2 FC琉球 »