2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 日本代表 1-0 イラク代表 | トップページ | 横浜FC 1-1 松本山雅 »

2012/09/17

川崎フロンターレ 2-2 鹿島アントラーズ

0915b

 先発ではなかったにせよジュニーニョの姿を等々力で見られたことはうれしかったです。1トップで突っ込んでいく姿は全盛期のジュニーニョそのもので懐かしくなりました。試合終了直前に決定的なチャンスがあって、これを決めたら神戸戦の都倉に続いて語り草の試合になるところでしたが、外してくれたので引き分けとなりました。敵のチームでしたが、決めてくれてもそれはそれで良かったかなと思います。

 さて試合の話。監督やチームに対していいたいことはいっぱいありますが、純粋に試合自体は面白かったと思います。このチームのサッカーは瞬間瞬間で正確な判断を求められることが多いのである程度のミスは許容しなければならないし、これだけ選手全員が上がって行ったらカウンターリスクはどうしても出ます。それで不調とはいえ、あの鹿島から2点を取れたのですから、いいんじゃないかなと思っています。少なくとも去年の「お前たちは一対何をやりたいんだ?」と問い詰めたくなった8連敗のころと比べると勝てないにしても前向きで見ることはできます。繰り返していいますが、チーム自体に納得はしていませんよ。

  前回の名古屋戦もそうですが、徹底的に相手を追い詰めていくサッカーは見ていて気持ちがよいと思います。結局サッカーの面白さってハラハラドキドキなところにあるわけで、そういうものを目指そうというのならそれはそれで受け入れます。大島の動きがだんだん見れる形になってきました。登里とあわせて来年以降のめどは立てたように思えます。あとは福森や森下、ジェシがどこまでポジション争いができるかにかかってきています。

 今日の試合、鹿島の得点は杉山の判断ミスとPKによるもので、それ自体腹が立っていますが、挽回できたのはいいんじゃないでしょうか。勝ち負けにしても決定的なストライカーがいない状況でリスクを抱えて攻めて行ったら勝ち続けるのは難しいと思います。

 川崎フロンターレは優勝を目標としているのか面白いサッカーを目指しているのか、そのところがブレまくっているのでいまひとつチームの応援に身が入らないのですが、こういうサッカーを続けていればその先に常勝が見えてくるんだよー!っといわれれば、そうですかといわざるを得ないので、とりあえずそういう方向で見ることにします。

 等々力陸上競技場 観衆:18,088人
 

« 日本代表 1-0 イラク代表 | トップページ | 横浜FC 1-1 松本山雅 »

コメント

目指しているのは風間一族による私物化でしょうw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本代表 1-0 イラク代表 | トップページ | 横浜FC 1-1 松本山雅 »