2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« U20日本女子 0-3 U20ドイツ女子 | トップページ | ◆番外編◆U20女子ワールドカップ決勝 バックステージ潜入記 »

2012/09/09

U20ナイジェリア女子代表 1-2 U20日本女子代表

0908abg


 3位決定戦と決勝戦の試合もエミレーツ航空様から観戦チケットをいただいたのでカテゴリー1で観戦することができました。自分が貰っていいのかなと思いますが、ありがたい話です。

 ドイツ戦が完敗に近い内容でしたが、これから彼女たちが望むであろう15年度のワールドカップカナダ大会とリオジャネイロオリンピックに向けて少しでも強くなってほしいと願っているのでちゃんと観戦します。前日は雨の予報だったのですが、当日は快晴。陽が燦燦と差し込む中、15時30分キックオフ。

 試合は一進一退の攻防で、実力的には互角といってよかったと思います。日本が2-1で逃げ切ったのですが、日本の実力勝ちというよりはナイジェリア側に詰めの甘さがあった試合だと思います。

 この大会の試合全体にいえることですが、先制点が絶対的な鍵を握っています。ナイジェリアは先制されたことで苛立ち、計算されたボール運びができていませんでした。ナイジェリアのセンターフォワードに強力なオパラノジ選手がいて、彼女にボールが渡ると止めようがなく、シュートまで持っていかれるのですが、先制後は日本は中盤でボールを奪うことができて彼女を孤立させることに成功しました。運のよさもありました。試合の序盤、彼女のミドルシュートは日本ゴールのバーを叩き、ヒヤッとさせる場面があったのですが、これが入ってしまったらドイツ戦の虐殺がよみがえるところでした。

その意味では先制した田中陽子選手のシュートは見事としかいいようがありません。このシュートはミドルレンジから無回転でゴールバー下ぎりぎりを狙ったもので、キーパーは弾じこうとしたのですがシュートの威力が強くボールはそのままネットまで押し込まれました。リプレイを見るとシュートの姿勢は中村俊輔そっくりで、たぶん彼のフォームを研究しているのだろうなとうかがわせました。

 失点からのリカバリに対して一言書きます。私は女性に対して偏見を持っているわけではないのですが、感情的な部分が男子に比べて強く出ていて、それがマイナスになっているのではないかと感じました。日本代表は試合の入り方が悪い、失点してしまうとオロオロしてしまうところがあります。ナイジェリアはイライラしているところが目立ちました。この3位決定戦はナイジェリアにイエローカードが3枚出ました。日本はゼロです。女子サッカーではイエローカードはあまり出ませんので、これは負けていることからラフプレーにつながったのかなと思います。望遠レンズを通してナイジェリア選手の表情を見ると総じて焦りの表情が伺えました。

 逆に言うこともできます。ナイジェリアは2失点後に一点返した後は落ち着きを取り戻し、以降試合終了まで総じて日本を圧倒していました。決定的な場面はなかったのですが、崩される場面が多く出て、もし日本が失点して同点で延長戦を迎えた場合、焦りを感じるのは日本のほうだったかも知れません。

 メンタルマネージメントで試合を語るのは少しズルイかもしれません。けれど、技術も戦術もやることをやりつくせばあとはメンタルしかありません。そのメンタルが弱いから大事な試合で勝てないとか特定のスタジアムで勝てないとか言うチームを私はよく知っていますが、結局はそこなのだろうと思います。女子は特に。この大会、日本代表は守備面で課題があって、目を覆うシーンが結構ありました。ナイジェリアにしてもドイツにしてもアメリカにしても、守備に不安がという場面は少なかったです。日本が得点できたのは田中選手のスーパーシュートや柴田選手の完璧な崩しからとれたもので、それは賞賛に値するべきものですが、逆に言うと敵ディフェンダーの守備ミスというものではなかったのです。日本の失点は守備のミスと言うものが多く、それゆえによく勝てたなー、田中陽子はすごいなーと言う印象になるのです。そういう場面を感心するのはあくまでもその試合だけにして、ちゃんと反省と練習をしてほしいなと感じます。

 次のワールドカップもオリンピックもすぐに近づいてきています。前のエントリーでも書きましたが、10代の彼女たちにはこれからの3年間をどうすごすかが、日本を、そして彼女たち自身の将来を決めてしまいます。過去最高の3位は心から賞賛します。ですから是非、フル代表に入り、今のレギュラーたちを脅かし、今度こそアメリカ、ドイツを負かしてほしいと思います。

◆お知らせ◆
この試合は本大会公式スポンサーのエミレーツ航空様から招待を受けて観戦しましたので、ここでスポンサー・アピールをします。

✓エミレーツ航空は、 アラブ首長国連邦ドバイを本拠地としたインターナショナルエアラインで、世界6大陸74カ国125都市に就航。
✓FIFA のオフィシャルスポンサーとして、U20女子ワールドカップ ジャパン2012をサポートします。
✓エミレーツ航空は、現在成田と関空から毎日運航中。 日本就航10周年を迎える今年は、 成田路線に、シャワースパやバーラウンジなどを備えた総二階建て大型旅客機エアバスA380を導入しました。最新鋭の設備と日本人クルーによるおもてなしで日本のお客さまに快適な空の旅をご提供しています。

エミレーツ航空についての情報
日本語サイト http://www.emirates.com/jp/japanese/index.aspx
スポーツ関連 http://www.emirates.com/jp/japanese/about/emirates-sponsorships/football/football.aspx
FIFA関連 http://www.emirates.com/jp/japanese/about/emirates-sponsorships/football/fifa/fifa.aspx
Facebookページ https://www.facebook.com/Emirates

« U20日本女子 0-3 U20ドイツ女子 | トップページ | ◆番外編◆U20女子ワールドカップ決勝 バックステージ潜入記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« U20日本女子 0-3 U20ドイツ女子 | トップページ | ◆番外編◆U20女子ワールドカップ決勝 バックステージ潜入記 »