2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 魔法少女まどか☆マギカ【前編】【後編】 | トップページ | 東京ヴェルディ 0-1 横浜FC »

2012/10/31

009 RE:CYBORG

1031bg

【注意】このエントリーはストーリーの核心に触れる箇所があります。まだ見ていない方は注意してください。

 最近はやりのリバイバル作品。昔懐かしいイメージを最新のアニメーション技術で再現するとこうなるという感じでした。技術的には文句はないし、上海やドバイ、六本木の町が爆破されていく様子は見応えがあったと思います。戦闘機や爆撃機、イージス艦や各種ミサイルも考証を重ねて作られており、その点は特に不満はありませんでした。しかし、それだけだったと思います。

 ストーリー的に見ると「よくわからなかった」というのが本音です。敵は誰なのか?何と戦ったのか?戦い続けて問題は解決したのか?そういうものが全くわかりませんでした。話全体が政治と宗教、哲学との混合で、これを理解しようとなるとそれぞれの面でそれなりの知識が必要になります。言い方は悪いのですが、アニメを見るのにそういう理解力を必要とするのか、と憤りすら感じました。

 話を読んでいると、「神の声」を聞いた政治家や軍人達がトランス状態に入り、暴走を始める。サイボーグ達はそれを止めるというのが本筋なんだということはわかりました。ただ、その「神の声」とは難なのか、それが最後まで見えず、不満が残ります。見えない敵と戦い続ける映画というのはストレスがたまります。

 神と戦うという設定は実写・アニメにかかわらず酷い設定だと思います。昔の格闘漫画で最初は近所のいじめっ子達と戦う話だったのに、強くなり続けた結果、宇宙を支配している✕✕と戦うという強さのインフレになる作品が結構ありましたが、それを思い出させます。実態が全くないわけですから始まりも終わりも好きに作れます。そういう雑さ、安直さが全面に出ていました。

 結末もお粗末で、主人公は宇宙で死んだと思わせておいて、最後は全く違う世界の中で全員再会するというものでした。敵は死んだのか?人類は救われたのか?町が爆破されることはもうないのか?それが見えません。今も爆破を続けているのなら主人公はなんで頑張って戦ったのだろう、そういう不条理さが??????と疑問だらけのまま完結しました。

 正直、こういう哲学的要素を含ませるのではなく、純粋に巨大な敵との戦いでよかったんじゃないかと思います。その中で戦闘機やイージス艦など実在の兵器をアクセントで登場させればそれで十分ですよ。この009は30年前以上のこども達が夢中になって見たアニメだったんですから。

 10月31日 TOHOシネマズららぽーと横浜

« 魔法少女まどか☆マギカ【前編】【後編】 | トップページ | 東京ヴェルディ 0-1 横浜FC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 魔法少女まどか☆マギカ【前編】【後編】 | トップページ | 東京ヴェルディ 0-1 横浜FC »