2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/26

川崎フロンターレ 2-1 清水エスパルス

1124bg

 3連勝。その原因はレナト覚醒にあり。それが全てだったのかなと思います。この試合に限らず今シーズンの総括として。まだ一試合残っていますけどね。いい意味でも悪い意味でもフォワードの決定力不足に泣かされていたここ数シーズン。負ける理由を探したあげく、相馬監督の守備的戦術が悪いのか、自分の息子をスタメンに据える風間監督の戦術が悪いのか、いろいろ考えてもいましたが、結局はそこだったのかと思い知らされました。安定したディフェンダーと展開力のあるボランチと決定力のあるフォワードがいれば勝てるという、考えてみれば当たり前な結論でした。

 もちろん安定した守備を作るのは大変だし、覚醒したのではなく覚醒させたのかもしれませんので、そういう成果は全て風間監督が得た果実にしていいと思います。サポーターの立場から見れば勝てばいいんですよ。結局のところは。欲を言うのならばあと5試合ほど早く覚醒していれば今頃はACL圏内が狙えていたのにとかあるのですが、まあこういう「たられば」はどのチームもそう思っているに違いありませんから、今は自分たちの立ち位置を受け入れるしかないですね。概ね来シーズンも希望が見えたからいいのかなと思います。来年もレナトが契約してくれるのなら、ですけどね。川崎というチームは所々で「なぜ?」ということをやらかすので来シーズンが始まるまでは楽観的になるのは禁物なのです。まあ絶望的になることもありませんが。

 さて試合の話。清水の敗因はフォワードの決定力不足でした。なにかこう・・・先月までの川崎を相手に戦っているような感じがして複雑な気持ちだったのですが、戦術として徹底したのは清水の方でした。清水は川崎のイージーパスを全て読み切ってインターセプトしました。清水のあげた得点は、こういう川崎のパスをカットしたところから挙げた物でしたし、このパターンで何本もシュートを打たれました。それがことごとくバーやポストに嫌われ、西部のスーパーセーブもあって1点のみで終わったのが敗因なのかなと思います。川崎の勝因は負けて当然のイージーミスを連発したにもかかわらず、キーパーを含めたディフェンス陣が頑張り、中村憲剛の展開力、そしてレナトの決定力がもたらしたものだったと思います。決勝点となった矢島のシュートは中村のセットプレーからでしたよね。そういう今までに駄目駄目だった川崎の弱点がここに来て結果を出すようになった、それがミスの連発による致命的ピンチを救ってくれたのだと思います。

 逆に言うと、これが連続でできないと意味がないんすけどね。矢島にしても小林にしてもまだ怖さが感じられません。レナトにマークがついているうちにもう少し点を取ってほしいです。

 まあ全体的に見て好ゲームだったと思います。この試合に限った話ではなく今シーズンの試合は大抵そうです。、川崎に対しては戦術や戦力とは関係ない部分でおもしろくない気持ちもありましたが、あと一息の試合が多く、それ故に負けたゲームでも試合内容は決して低い物ではなかったと思います。相馬監督時代とは異なり、打ち合いの姿勢を出したことは結果的にはよかったのかもしれません。ジュニーニョ以後という空白の期間をどう戦うのかという、監督にとっても選手にとってもサポーターにとっても難しい時期でした。それがレナト覚醒という希望が来シーズンも見ることができるのなら、まあいいシーズンだったといえるのではないでしょうか。

 等々力陸上競技場 観衆:19,916人

大分トリニータ 1-0 JEFユナイテッド千葉 J1昇格プレーオフ決勝戦

1123bg


 Jリーグ初の昇格プレーオフ決勝戦が国立競技場で行われました。千葉側は全て売り切れでしたので、私はホーム側で観戦します。雨の中、試合を見るのはしんどいところもありますけどね。ドラマ性があって結構楽しめた試合でした。私がいた席の周りはJ1各チームのポンチョが色とりどりあって、みんなサッカーが好きなんだなと嬉しくなりました。こういう人たちが増えるといいですね。

 私は最初このプレーオフのレギュレーションを見て、どうみても上位チームの方が有利だろうと考えていました。引き分けでも勝抜けが決まるというのは精神的に楽だし戦術の幅が広がりますから。相手は点を取りに来るしかないので、最初の猛攻を防ぎきって疲れた頃を見計らってカウンターに出ればそれで終わりじゃないか、と思っていました。ところが 実際は逆で準決勝の2試合、決勝の1試合の全てが上位チームは1点もとれずに敗退、一番不利のはずの大分がJ1昇格の権利を手にすることになりました。この辺、よくわかりません。

 横浜FCも京都も決勝戦の千葉も、引き分け狙いということはなかったと思います。むしろ先制すればそれで決まりだから早く点を取ろうと考えていたと思います。もし上位チーム敗退の原因があるのだとすると、その先制点がとれない焦りがゲームマネジメントを壊したのかもしれません。京都-大分戦における大分の先制点は17分、横浜FC-千葉戦における千葉の先制点は35分。いずれも前半です。先制すれば勝てるという心理状況が、一転して点を取らなきゃ負けるという状況に陥り、追加失点を招いたのはあるかもしれません。引き分けでも勝ち抜けという状況はナビスコカップ決勝トーナメントでもありますが、あれはリーグ戦のついでという位置づけです。チームの未来、自分たちの未来という重要な場面であるプレーオフとは意味合いが違うのでしょうね。

 で、この決勝戦です。前半から終始攻めていたのは千葉側でした。ですから状況は準決勝とは違います。点を取れない焦りはあったのでしょうが、このペースで試合を進めれば勝ち抜けるという意識はあったと思います。
 試合の勝敗を分けたのは、その攻め続けた一瞬のエアポケットを大分は見過ごさなかったことだと思います。大分は森島が完全に押さえられ、手がない状態でした。そこで出した切り札、林と高松が千葉のマークを分散させて忍者のように裏をかき、ループを決めました。残りあと4分、ロスタイムを入れて9分の出来事でした。まあ千葉のディフェンダーの集中力不足ですが、この時間は攻め続けるのか守りを固めるのか、判断するのに難しい時間帯です。川崎もこの時間帯に散々やられていますので千葉の気持ちはよくわかります。難しいですね。こういう場面を完璧にマネージメントできればそもそもJ2昇格決定戦などに望まなくても昇格できたでしょうから。

 千葉にとって残酷だなと感じたのは点を取ったのが去年まで千葉にいた林だったというところです。オシム時代の代表的な選手だった村井と林が、大分に行ってそれが点を決めるというのは普通の敗戦以上にやりきれない気持ちだったと思います。試合が終わった後の勝者と敗者の対比はいつも以上に大きい物でしたが、それがサッカーなんだよと得意げに語るほど軽い物ではありませんでしたね。準決勝戦で点を決めた元横浜FCの藤田もそうなのかもしれませんが、村井や林の愛され方はまた違うでしょうから。

 この試合でJ2リーグ戦は終わりました。京都も横浜FCも千葉もまた来年、J1に挑戦するが始まります。正直な話、この3チームは戦力的にはJ1に上がれると思っていますが、上がれないのは上がれないだけの理由が確実に存在します。それを考えない限りまた来年も同じことが待ち受けるだけだと思います。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:27,433人

2012/11/22

【映画】ねらわれた学園

1121bg


 30年ほど前に薬師丸ひろ子主演で映画化された作品のアニメ化。以前見たときは超能力をもった生徒会長との戦いという話だったのですが、今回はその部分は脇に回り、ひたすら中学生の恋愛に終始した物語になりました。中学生の片思い、中学生の三角関係、中学生の失恋。見ていて酸っぱく、切ない話が映画の全編を通して丁寧に、そしてしつこく描かれます。あまりにも酸っぱすぎてお尻がかゆくなりました。それゆえ超能力による支配の部分がぼけてしまい、結局何がしたかったのかよくわかりませんでした。未来を救うために中学校を支配するという、手段と目的があまりにも乖離していて、見ていてなんだかなあと感じました。昔の仮面ライダーの敵がやった、地球征服の手始めに幼稚園バスを襲うといったセコイ内容を思い出しましたよ。

 未来人の能力というのがテレパシーを使った意思疎通であるのはわかります。けれど、それがどうして携帯電話の持ち込み禁止になるのか、そこが見えません。いや理屈としてはわかるのですが、目的と手段の妥当性がまったくつながらないのです。携帯電話の持ち込みを禁止したら超能力による意思疎通はできるのか、とかね。

 それと戦いの場というのがよくわかりません。敵は誰なのか?誰と誰が戦っているのか?見ている限り、主人公の関と敵役の京極との戦いのはずなのですが、結局は敵自身が自分の中身(父親とか)とパラレルワールドで戦っているように見えました。洗脳された生徒会長がかすんでしまいましたね。覚醒した主人公もこう・・覚醒の段階がぼけていました。以前書いたサイボーグ009もそうなのですが、サスペンスであれば善と悪の二元論で作った方がわかりやすく、のめり込めたと思います。

 全体的にきれいな絵でした。それも私が子供のころからよく知っている江ノ島、稲村ヶ崎、極楽寺といった風景がとても丁寧にかかれていて、その自分の記憶と映画の舞台がうまく融合して懐かしい気持ちになりました。神奈川県民の多くはこの映画を見れば舞台背景が理解できるのではないでしょうか。キャラクター設定も甘酸っぱさを色濃く出した中学生の男女4人が主人公で、好みでした。

 一言でこの映画を言うのであれば、等身大の中学生の恋愛物語と言っていいと思います。サスペンスの部分が完全に脇役なので、その部分を期待すると裏切られます。私は背景の部分に好感がもてましたので、まあこれはこれでありか、と感じました。

 11月21日 川崎チネチッタ

2012/11/20

横浜FC 0-4 ジェフユナイテッド千葉

1118bg


 一言で感想を言うのならば「お疲れ様でした」ということになると思います。試合のことを言うのならば、なぜカイオを先発で出さないのか?とか、先制点はハンドではないかとか、それなりにあるのですが、完敗と言っていいと思います。J1昇格のためにリーグ戦を死にものぐるいで戦って、プレーオフを勝つために考え得ることを全て準備して、試合に対して全力で戦い抜いて、それで0-4で負けならそれで仕方がないじゃないかと思います。シーズン前半のグダグダさえなければもっと上に行けたかもしれなかったのに・・・そう思う人もいるかもしれませんが、それを含めて勝負事なわけで、この結果は認めるしかないですね。

 J2昇格について言うのならば、私は上位3チームの自動昇格ですら甘いと思っています。せめて3位チームがJ116位チームと入れ替え戦をするにとどめるべきで、J2の4位5位6位がJ1に上がったってレベル的にも意味合い的にも甘いと感じます。勝ち点1、得失点差1が足りなくて泣いたその悔しさが、翌年J1に昇格したときに絶対落ちねえ、負けねえ、と心に決めることができると思いますよ

 ただ、興行的に見れば、J2は22チームもあるわけですから、こういうプレーオフを設けないと、昇格も降格も関係ないチームがシーズンの早い時期に大量に出てしまいます。それはサポーターにとっても応援しがいがないことでしょうから、仕方がないのでしょうね。実際、この試合はチケットが完売しました。普段あまりお客さんが入らない横浜FCにとっては経営的にもありがたい仕組みだったのかもしれませんね。

 前回見たヴェルディ戦もそうですが、90分間戦い抜いた試合を見ることができて、私的には満足でした。もちろん勝って次につながるのならばそれが一番です。でも負けてシーズンを振り返ってみると、ビリでスタートしたチームが夢の一欠片を手に入れることができたわけですから、今年はこれでよしとしてもいいかと思います。足下を一つ一つ固めながら進んでいく先に、J1昇格したあともちゃんと戦えるチームができるのだと思います。今現在でも課題は沢山あるじゃないですか。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:10,954人(チケット完売)

2012/11/06

東京ヴェルディ 0-1 横浜FC

1104bg


 好ゲームでした。お互いが四つに組んで徹底的にやり合うサッカーでした。こういう試合を現場で見ると、サッカー観戦を趣味としてよかったなと思います。
 ヴェルディは前節負けて後がない状態でした。ですからこの試合は勝つしかないわけで、予想通り試合開始から点を取りに来ました。そのベルディのハイプレスをしのぎきったのが横浜FCの勝因でありヴェルディの敗因だったと思います。ヴェルディの中島は才能のある選手だと思いますが、こういう極限のテンションの中でプレーをする分には横浜FCのディフェンス陣は手強すぎました。逆に横浜FCは今まで弱点であった右サイドバックに堀之内が入ったことで飛躍的に安定しました。栃木SCの田中雄大、ヴェルディの森勇介にもいえることですが、J2を目指すのであれば直近までJ1チームに在籍したディフェンダーは絶対に必要ですね。ゴール前での攻防は才能よりも経験が物を言いますので、その面で横浜FCはよい補強をしたと思います。堀之内って、浦和時代はそれほどよいとは思わなかったのですが、やはり浦和でタイトルをとりまくっていた時代のディフェンダーなんだなと改めて感じました。

 試合はオウンゴールでの決着でしたが、これは試合の終盤まで残存体力を計算してきた横浜FCの作戦がちだと思います。反町監督にしてやられた松本戦の反省が生きているのかもしれません。後半を見ている限り、横浜FCは悪くて引き分け、このまま押せば勝つだろうと思っていました。しっかりとゲームプランを立て、その通り実行し、その通り勝つ試合というのは久しぶりに見たような気がします。好ゲームと感じた理由はそこにあります。

 ヴェルディは前節負けたことがあまりにも痛かったと思います。余裕のない状態で試合に臨むことがどれほどハンデになるのか、まざまざと見せつけられました。これはこれで一つの結果だと思います。勝ちに不思議な価値あり、負けに不思議な負けなしとよく言いますが、ヴェルディの負けはしかるべくして起きた負けでした。

 横浜FCはこの勝利によりプレーオフ圏内をほぼ確定させました。順位表を見る限り3位~6位までどこでもあり得るし、この順位内でのチームとはどこもホームアウェイ関わらず対戦する可能性があります。レギュレーションを見ると3位、4位は引き分けでも勝ち抜けなので6位だと非常にきつい試合となります。そういう意味では最終戦では勝ち抜く必要があります。最終戦の相手は岐阜です。順位を見る限り勝てそうと感じますが、そう思って望んで負けた試合を私は4つほど知っています。全て同じチームですけどね。この試合は見たかったのですが、私は当日は香港遠征です。ちょっと残念です。

 味の素スタジアム 観衆:13,093人

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »