2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎フロンターレ 2-1 清水エスパルス | トップページ | 【映画】007 スカイフォール »

2012/12/08

【映画】エヴァンゲリオン:Q

1206abg

 何が言いたいのか、どういう主張をしたかったのか、見ていて全くわかりませんでした。ストーリーもよくわからず、自宅に帰ってWikipediaで確認して、ああこういう話だったのかとやっと理解できました。

 映画が始まって早々宇宙空間で戦闘シーンが始まり、アスカが十字架のような物を奪い取る。何でこういうことをするのか、シンジ君はどこに行ったのか、そういえば前編の「破」はどういうオチだったっけと思い出しながら見ていているうちにシンジ君が登場。そしたらいきなりアスカやミサトさんに憎しみの目を向けられる。綾波もおらず、なにかこう・・・やりきれないなあ・・・と。

 要はネルフで内部分裂が起きて、反乱側に加わったのがアスカやミサトさん、レイは前回の戦いで行方不明、シンジ君は宇宙空間で隔離中、という状態なのはなんとなくわかったのですが、ここから始まるストーリーの陰湿さが見ている人をいやな気にします。個人的な考えですが、エヴァンゲリオンとは「福音」という意味で、要は世界の再構築を目的としながら主人公達の成長を見守る的な意味合いだと思っていました。それが、この作品では、「その程度の考えは甘っちょろいんだよ」と否定された上、また一から話の作り直しにつきあわされるような、なにかこうげんなりするような気持ちがしました。戦艦が空を飛ぶのもよくわかりませんでしたしね。

 こういう物語に話のつじつまを合わせようとするのは野暮というものですが、現実的な観点から話をします。そもそも14歳の少年少女に殺戮兵器を与えればどういうことになるのか、とか、敵に吸収された仲間を救い出しに行くべきかどうかを14歳の少年に判断させるのか、とか、そういう大人でも難しい部分を全て自分の責任で行動させられたシンジ君がかわいそうだなと思います。それをさせた大人(ミサトさん)は何一つ責任をとることはなく昇進するのはどうなのかと。ニアサードインパクトを引き起こしたのはシンジ君だったとしても、それの責任を負うのはミサトさんを含めた司令部でしょ、これじゃシンジ君はスケープゴートじゃん、とかそういう不条理さが目立っていやだなと思いました。

アニメファンの観点から言えばスピード感あふれる戦闘シーンに魅了されたという感想もあるのかもしれませんが、私はそうは思いませんでした。結局どうなったのか?続きは最終回で、という引っ張り方を含めて見ていて鬱になりました。

 11月23日 TOHOシネマズ ららぽーと横浜

« 川崎フロンターレ 2-1 清水エスパルス | トップページ | 【映画】007 スカイフォール »

コメント

エヴァンゲリヲン新劇場版Q
見た。

エヴァンゲリヲン新劇場版破で
アスカは死んだはずじゃ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎フロンターレ 2-1 清水エスパルス | トップページ | 【映画】007 スカイフォール »