2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/12

【映画】のぼうの城

0107bg


 去年の秋から公開されている作品ですが、なかなか鑑賞できずに上映終了が近づいてしまったので、見に行くことにしました。戦国物を見るのは久しぶりです。「戦国自衛隊1542」以来かな。あれを戦国物と言っていいのかはわかりませんが。

 内容は戦国時代、豊臣秀吉が小田原の北条攻めをする際、北条方の支城である忍城(おしじょう:現在の埼玉県行田市)を石田三成に攻め落とすように命令したのですが、光成は攻め落とすことはできずに撤退したという実話を元にしたものです。

 忍城方の城主は開城を決めていたのですが、交渉の際、豊臣方の武将のあまりにも横柄ぶりに嫌気が差し、籠城を決定、その後は少ない兵で守り通した爽快さと、忍城方の指揮官が「でくのぼう」と評され、あまり武将に見えない人物であったことが話の面白さになっています。

 結構ヒットしているようで、私が見たのは公開から2ヶ月が経過してもう上映終了が近づいていたのですが、それでも劇場は半分程度が埋まっていました。実際面白かったと思います。

 面白いと感じる理由は、以下のところうなと感じます。

1.主人公の指揮官が「でくのぼう」でひょうきんなこと。
2.2万人の敵に対して3000人で守り切ったこと。
3.実話であり、日本人がよく知っている石田三成が出ること。
4.武将のしゃべり方が現代語で親しみやすいこと。
5.水攻めのコンピュータグラフィックの使い方が巧みなこと。

 私はこの作品は脚本の勝利だと思います。正直、この時代の武将物は語り尽くされてて、新たに話を起こす余地があるとは思ってもいませんでした。さらに水攻めという、日本ではあまり例がない(備中高松城くらい)戦術が面白さを出していました。洪水を引き起こしたコンピュータグラフィックは見事でしたが、これは脚本があってこそ、ですね。

 この映画は面白さと同時に考えさせられる設定があります。光成も主人公の成田長親も農民のことを第一に考えていたというところです。一般に石田三成は戦況も読めない敗残者のイメージがありますが、実際は「大吉大一大万」という旗印を使っています。これは「万民が一人のため、一人が万民のために尽くせば太平の世が訪れる」という意味で、本当は民百姓の幸せを願っていたということです。現実の光成はそういう人でした。映画で見る限りでは、じゃあなぜ水攻めにして田んぼをつぶしたんだという疑問もわくのですが、史実によると忍城の水攻めは秀吉の発案だったらしく、光成は強行に反対していたそうです。映画で話が違ってくるのは話を面白くさせるためでしょうね。成田長親も農民から慕われていましたから戦後の交渉は比較的スムーズに行っています。そういうところも見所ですね。

 この映画を押すポイントはもう一つ別のところにあります。人が戦で死ぬという場面を丁寧に書いているんですよね。武将同士が一対一で戦い首を飛ばされるところ。油で敵をやり込めたところで火をつけて兵士を燃やすところ。そういうエキセントリックな場面だけではなく、戦後、荒れた田畑を直すと同時に戦死した兵士や農民を丁寧に藁を乗せ、葬っているところ。戦争の虚しさをよく出していました。

 1月6日 川崎チネチッタ

2013/01/07

作陽高校 1-2 桐光学園

0105bg


 高校サッカーとしては久しぶりに手に汗握る好ゲームでした。作陽高校は今までの対戦相手とはレベルが全く違い、非常に激しいチェックで桐光学園をつぶしにかかってきました。そういう中でもちゃんと先制するあたりがすばらしいですね。試合開始後10分位は圧倒的に作陽ペースだったのですが、この時間帯で桐光は落ち着いてプレーできたのが幸いでした。作陽のプレスはすごかったのですが、高校生であんな厳しいプレスを試合終了まで続けられるわけはないと思っていたので、そういうあたりが勝敗を分ける要因だったのかなと思います。

 作陽は試合終了直前にゴールキーパーを変えたことが裏目に出ました。PK戦を意識したのだと思いますが、この辺の判断は難しいところです。PK戦の強さと通常のプレーの強さは別のところにあるので、キーパーを変えること自体はおかしいと思いませんが、どこで変えるかは結果論になりがちです。作陽は後半も最後の方になって同点に追いつき、守りに入りました。当然桐光のペースになりますから、結果論で見るのならばキーパーを変えるタイミングはない、と考えるべきだったかもしれません。作陽の先発したキーパーのPK能力がいかほどのものかは知りませんが、実際はどうだったのでしょう。

 桐光がすばらしいのは9番の野路選手、10番の松井選手がそれぞれ積極的にゴールを狙うところではないでしょうか。チーム全体がショートパスをつなぐコンパクトサッカーで、マークがつきづらく、しかもストライカーを二人そろえているのだから対戦相手はかなりきついと思います。他にも2番の大田、8番の菅本、11番の市森選手もすばらしいのですけどね。ここまで隙を見せない桐光のチーム作りはすばらしいと思います。こういうチームが神奈川県代表になったのは私にとって幸せな一年の出だしでした。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:10,500人(公式発表)

2013/01/03

桐光学園高校 4-2 四日市中央工業高校

0102bg


 凄く面白い試合でした。少なくとも昨日の天皇杯決勝よりも何倍も面白い試合だったと思います。もちろんそれは桐光や四日市中央工業がレイソルやガンバよりも強いという訳ではありません。両チームそれぞれの選手が持つレベルの高さと卓越した戦術がお金を払っても見るにふさわしい試合をしたということです。

 桐光の試合は昨年も観戦しました。バルセロナのようなボールを止めないでテンポよく進める試合は見ている側にとってはワクワクドキドキさせてくれます。こういう試合をするチームがJリーグにいれば、あるいはJFLにいれば、それだけで年間チケットを買うに値するチームだと思いますよ。そして四中工は組織的なディフェンスを強いて桐光を網にかけ守り切ります。その高校レベルとは思えない攻撃と守備の狭間の部分がサッカー好きの観客をしびれさせてくれるのです。

 試合ですが、試合の鍵を握ったのは強い風だったのかなと思います。ゴール自体は鋭いクロスやトリッキーなループシュートなどでしたが、アウェイ側からホーム側に向かって強く吹いた風が、逆風側(ホームエンド側)のチームのキックを強く遮りました。ゴールキックもクリアボールもことごとく風で跳ね返され、押し戻されていきました。その戻されたボールを順風側(アウェイエンド側)が奪い、攻撃を仕掛けました。

 前半の桐光の3点、後半の四中工の2点はその影響がありありと出ていました。前半で桐光が3点とった時点で私は決まったかなと思ったのですが、後半の四中工の一方的な攻撃で全くわからなくなりました。そこを桐光の選手全員で持ちこたえたのは本当によかったと思います。こういう魅力的なサッカーをする桐光学園の試合をもっと先まで見たい。少なくとも前半終了時に3-0で勝っていながら後半4点とられて負けましたなどと言うマヌケなチームになってほしくないのです。

 野球の場合、甲子園には魔物が住むといいます。でもサッカーは全てのグラウンドに魔物はいます。それは高校の試合でもプロでもどこでも顔を出します。桐光が自らの力で魔物を退治したことを心から喜びたいと思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:14,500人(公式発表)

2013/01/02

ガンバ大阪 0-1 柏レイソル

0101

 今年も快晴の天皇杯決勝戦。もう10年以上毎年決勝戦を観戦していますが、いつも快晴なのが心地よいです。というか40年以上生きていて元日が雨だった記憶はないんですよね。今年から全日本女子選手権が皇后杯と名を変え、決勝戦も別々の日になりました。正直、助かってはいます。これを見るためには元日の早い時間から出かけなくてはならず、大晦日に夜更かしはできなくなりますので。

 さて試合の話。ガンバもこの戦力で落ちるのかという落胆と、こういうサッカーをすれば落ちるよなあという納得感が出た試合でした。攻撃的サッカーが魅力のガンバですが、この試合は相手の出方をうかがうような展開が目につきました。前半は特に。

 柏のレアンドロ・ドミンゲスと澤を警戒していたのかなとも思いますが、柏にしてもそれほど積極的に攻めては来ませんでしたね。なにかこう・・・決め手に欠けるごく普通のJリーグの試合でした。試合のポイントは柏が水野に代えて田中を入れたことが機能したのかなと思いますが、得点はコーナーキックからでしたので、決定的なチャンスを作って勝ったとは言いがたいし、ガンバにしても遠藤を封じられたその先の一手を打てなかったのが無得点に終わった原因だと思います。

 J2降格チームが決勝まで来るのは初めてではないのですが、まあ決勝戦はパッとしないゲームになることが多いなと思います。ACL挑戦権は是非とりたいというのがサポーターの本音だと思いますが、クラブから見るとあれに参加すると間違いなく選手は疲弊するというのが明らかなので、積極的に参加したいとは思っていないのかもしれません。スポンサーである日立とパナソニックは広告効果抜群のこの大会には出たがっているのでしょうけどね。

 天皇杯決勝は対戦するサポはタイトルをとる一大決戦の場ですが、それ以外の観客にとっては試合そのものよりも2013年の観戦初めの場、2012年シーズンの観戦納めの場の位置づけだと思います。この試合を観戦することによって私たちはまた1歳年をとることを自覚するわけです。

 国立霞ヶ丘競技場 観衆:46,480人

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »