2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 近況 | トップページ | 柏レイソル 3-1 川崎フロンターレ »

2013/02/25

サントリー 36-20 神戸製鋼

0224bg


 国立競技場は陸上競技場にしては見やすいスタジアムだと思っていたのですが、ラグビーの試合を見ると前言撤回したくなります。普段の秩父宮で見る選手達の迫力がみじんも感じられません。ボールはどこに行ったのか、探してばかりでした。サッカーのゼロックススーパーカップの翌日ということもあってガラガラ感が目につきました。今日の観衆は1万4千人。うーーん。決勝戦でこれかあ。しかもバックスタンド両翼の半分は両チームの社内応援団でしたし。

 神戸製鋼の大番狂わせという結果を期待して行ったのですが、前半1分、サントリーのノーホイッスルトライで夢と潰えました。正直、格が違うなと思います。残念ながら神戸製鋼は決勝戦でサントリーと戦う相手ではありませんでした。私はラグビーの戦評を書くスキルはありませんが、その目線で見ても差はありました。たとえばサントリーの守備は常にピッチを幅いっぱいに使って斜め一列に並んでいるのに、神戸の守備はサントリーの攻撃を防ぐのに精一杯で中央によってしまっています。そのためサイドにサントリーの選手をフリーにしてしまい、そこを抜けられてしまいます。この差を決勝戦で見せるのか・・・・。1回戦2回戦で格下チーム相手にやるならわかりますけどね。

 この試合、ラグビーを楽しく見ることができたポイントってどこにあるのでしょうか。ほとんど勝負の決まった後半27分。神戸製鋼の怒濤の攻撃がサントリーのディフェンス陣をはじき飛ばし、3分で2トライとったところか、それとも36-15で試合終了のホーンが鳴り、サントリーの勝利が決まったのに両チームとも試合を止めず、お互いトライを取りに行った気持ちの張り合いのところか、その最後のワンプレーをトライ成功で5点とった神戸製鋼の意地か・・・・。うーーん。

 まあそれがよくも悪くも今の日本のラグビーなのかなと。晴れた日の国立競技場、カップ酒やホットウィスキーをチビチビやりながらマッタリと試合を見るところに楽しみを求めるのがラグビーのツウなのかと。まあいいんですけどね。

 サントリーの全公式戦全勝でシーズン終了。この試合を見て、サントリー最強、サントリー万歳と喜ぶ人はサントリーファンだけじゃないでしょうか。サッカーも2強、3強で順位表を独占しているリーグはありますが、それでもアップセットは期待できます。でもね、今のラグビーはそれどこじゃないと思います。

 パナソニックも神戸製鋼も強力な外国人選手をいれましたが、それが目立つことがなかったのが残念でした。


 国立霞ヶ丘競技場 観衆:14,155人(公式発表)

« 近況 | トップページ | 柏レイソル 3-1 川崎フロンターレ »

コメント

こんばんは
いつも楽しく拝見させていただいております。
数年前までは、番狂わせも起きていましたが、ストレングス&フィットネスをサポートする環境が進化し、アップセットが起こるゲームは少なくなってきました。
特にサントリーは今シーズンフォワードに時間と人数をかけ過ぎずに常に数的優位な状況を作ってゲームを支配していましたね。
ラグビーもだんだん抜いて勝負できるようなスペースが無くなってきました。。。

スポーツの1強体制ってのは本当につまらないですよね。大学ラグビーはもう帝京ばかりだし。
女子サッカーもINACはどこまで連覇しちゃうのか。Fリーグの名古屋オーシャンズや女子バスケのJXしかり。やる前から決まってるなんて興味がわきませんね。

コメントありがとうございます。
ラグビーのつまらないところは勝つチームが見えているところだと思っています。だから代表戦は盛り上がらないし大学の方が人気があるのではないかと思います。これはチームが悪いのか、見る側にも問題があるのか、一概には言えないんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近況 | トップページ | 柏レイソル 3-1 川崎フロンターレ »