2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« サントリー 36-20 神戸製鋼 | トップページ | 川崎フロンターレ 1-1 大分トリニータ »

2013/03/04

柏レイソル 3-1 川崎フロンターレ

0303abg




0303bbg


 ディフェンスラインをあれこれいじくった割にはやっていることが毎年変わらないなあと思います。リスクを背負って攻撃的サッカーを志すのはとても良いことなのですが、結果としてカウンターをとられて失点を重ねてしまうなら意味がないですね。

 今年の川崎は守備を強化したので期待できるぞ、でもガンバがJ2に落ちたので、ザル守備の突つきあいのようなサッカーは今年は見られないだろうな、でもそれならそれでいいや、と期待と不安が入り交じった開幕戦でした。でもガンバのザル守備はしっかりと川崎が受け継ぎましたので、ガンバサポーターの皆さんは安心してJ2を戦ってください。そういや今年入った中沢って去年はどこにいたんだっけ。

 まあ対戦相手の研究はしない、自分の道を貫くのみ、という意気込みは格好いいし、やれるものならやってみろよと思うのですが、この試合で言うと、どうみてもクレオ、レドミ、キム・チャンスと縦にガッチリと筋を通した柏の方が強いと思いますよ。その柏に研究することなく戦いを挑めばやられるのは自明の理ですわ。3-1は概ね妥当な結果ですよね。3-0だったら絶望しかなかったのですが、1点返したので、まあまだ期待はできます。後半の追加失点が悪印象を与えてしまったので、大局的観点で見れば概ね互角にやり合ったと思います。シュートも何本も打ちましたしね。柏より多い印象がありましたし、柏側で攻める時間帯が多かったと思います。持たされている感じもありませんでした。

 去年から何度も書きましたけど、川崎のサッカーって客観的に見る分には非常に面白いと思います。ボールをきちんとつないで相手ペナルティエリアまで行けるので、全時間帯を通してピッチに集中できます。こういうチームって実はあんまりないです。ボールをとられたくないばかりにバックパスを多用していると、つい携帯電話の他会場速報を見たりしてしまいます。そういう退屈なところが守備でも攻撃もないので、次は期待してもいいのかなと思うのですけどね。もう何年この繰り返しなのだか。

 この試合は大久保の動きが目立ちました。ボールキープ力が山瀬よりも上ですし、チャンスも作れます。あとは小林の決定力が上がることですね。そうすれば前でボールを失うことが少なくなる、つまりカウンターリスクが減ります。それができればいいと思います。あとはパトリックや山本が今のレギュラー陣からどこまでスタメンを奪えるか。それがちゃんと機能するのならば、去年のようにコネが前に出るようなサッカーから抜けることができると思います。

 日立柏サッカー場 観衆:13,785人(チケット完売)

« サントリー 36-20 神戸製鋼 | トップページ | 川崎フロンターレ 1-1 大分トリニータ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サントリー 36-20 神戸製鋼 | トップページ | 川崎フロンターレ 1-1 大分トリニータ »