2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 川崎フロンターレ 2-1 名古屋グランパス | トップページ | 横浜FC 0-0 愛媛FC »

2013/05/06

横浜FC 0-1 アビスパ福岡

0506bg


 川崎フロンターレ・風間監督の身内起用以上に謎なのが、横浜FC・カズのスタメンです。いやベンチスタートでも十分謎ですが。
 この試合、点が取れなかった最大の原因はフォワードがカズと大久保ということだったと思います。カズがシャドウで大久保の1トップなのだと思いますが、うまく動けていませんでした。前節のヴェルディ戦の出来を見ての判断なのかもしれませんが、ちょっとなと思いました。この晴天下、13時試合開始というのもカズにとって不利な点でした。

 今の横浜FCのフォワードを見ると、実質的につかえるのは大久保・永井・黒津の3人から2人を選ぶことになると思います。このうち大久保は身長がある割には競り合いに弱いところが難点だと思います。長所はスペースを見つけるところがうまい点ですが、そこは相手チームが対策を取り始めると機能しなくなります。この試合はまさにそうでした。その敵の守備に絡められた大久保を、カズはどこまで助けることができたのでしょうか?事実、カズと大久保に代え、永井と黒津が入ってからは前線の動きがかなり軽くなりました。惜しむらくはこの軽くなった動きがしあいも終わる頃になって機能しだしたことだと思います。遅いんですよ、カードを切るのが。

 私はスタメンは永井と黒津の2人で、黒津をシャドウから永井が支える形がベストだと思います。現状、フォワードにボールを供給する役割が松下になっていて、その松下もつぶされている状態ですから、そこも変える必要があります。小野瀬を中央に据え、中盤を厚くして複数の選手から永井へ。そして黒津へ。そうやってパスルートを複雑化していかないと点は取れないと思いますよ。このチームは。松下だけでは限界があります。

 ヴェルディ戦はうまく言ったじゃないかという人がいるかもしれません。しかしヴェルディ戦の先制点は敵の守備のミス、2点目はPK、3点目はキーパーの判断ミスだと思っています。横浜FCがゲームプランを立てて、そのプラン通りに勝てた試合だとは思っていません。ラッキーな勝利だったと思っています。そのラッキーな勝利でしかないところを勘違いしたからこの福岡戦でぼろが出たのではないでしょうか。

 横浜FCが京都やヴェルディに勝てたのは、強いチームは自分でポゼッションを取りに来るので隙を見つけやすく、岡山や長崎に負けるのは受け身に入った敵を崩すことができないからだと見ています。京都戦は見ていないので想像ですけどね。その受け身に入った敵を崩す手立てが今の横浜FCにはありません。先制されるとその傾向はさらに強くなります。

 私は今後も山口監督が指揮をとってもいいと思いますが、戦術がシンプルすぎて敵が読みやすくなっているところと、カズの登用は改善していかない限り、泥沼は続くと思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:6,387人

« 川崎フロンターレ 2-1 名古屋グランパス | トップページ | 横浜FC 0-0 愛媛FC »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎フロンターレ 2-1 名古屋グランパス | トップページ | 横浜FC 0-0 愛媛FC »