2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 映画:STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) | トップページ | 【映画】名探偵コナン 絶海の探偵(プライベートアイ) »

2013/05/16

川崎フロンターレ 2-0 大宮アルディージャ

0515bg


 両チームともお試しフォーメーションのうえ、また大宮はナビスコ予選リーグの敗退が事実上決まっているため、見た目には激しさの少ない試合でした。少なくとも20戦負なしとか一部恐れられていた大宮の強さはみじんも見られませんでした。試合の流れは強力なフォワードがいるかどうか、の違いでしたね。大宮はスロベニアの外国人がいないため前線に迫力が全くなく、逆に川崎はレナトの無敵ぶりが際立っていたので、その差が勝敗を分けたのだと思います。川崎も大久保がいないのは仕方ないにしても(多分いても出なかったと思いますが)、パトリックが十分に可能性を見せつけました。安は張り切りすぎかな。オフサイドに頻繁にひっかかるあたり、まだまだ実践で慣れが必要なのだろうと思います。安はスタメンがとれなくてつらいと思いますが、ここで腐るか耐えて頑張るかの違いが将来を分けるのです。チョンテセだって、最初はジュニーニョ・我那覇・黒津に続く4番手だったのですから。

 風間監督も考え方を現実的に変えてきたようで、無駄なパス回しが少なくなりました。以前の各駅停車パスが少なくなり、裏へ抜けるパスが増えました。パトリックやレナトが単身で大宮ゴールに迫る機会が増えてきたのも
そういう前へパスを出そうという意識が出たのかなと思います。ようは現実的なサッカーです。

 そうなると、あれほど前評判が高かった風間サッカーとはいったい何だったんだ?という疑問にぶち当たるのですが、この辺について、私はあまり気にしていません。もちろん最初からこの現実サッカーをやっていればもっと勝ち点も稼げ、優勝戦線に食い込めたかもしれませんが、そういうところを強く言っても仕方がないかなと思います。この辺の責任をとるのならば監督よりも社長やGMの方が責任がおおきいでしょう。

 前線に強いフォワードがいて、後方に守備ブロックがきちんとできていれば、それは勝てるのかもしれませんが、それはどのチームにも言えることで、それができていないから試行錯誤しながら試合を進めていくしかないんですよね。

 シーズンはまだまだ残っています。ナビスコカップも残り1節、湘南戦を勝てば勝ち抜きが決まります。ここでやらかすのがフロンターレの真骨頂なのですが、そういうのも含めてサッカー観戦が楽しめるのならばそれはそれでいいことだと思います。

 等々力陸上競技場 観衆:7,625人

« 映画:STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) | トップページ | 【映画】名探偵コナン 絶海の探偵(プライベートアイ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画:STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) | トップページ | 【映画】名探偵コナン 絶海の探偵(プライベートアイ) »