2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013/06/25

横浜FC 2-1 カターレ富山

0622bg


 デジカメの電池切れによりスマホでの撮影となりました。やはり画質や使い勝手に難があります。高機能化が著しいケータイのカメラですが、1600万画素などと歌っていても、スポーツ撮影にはとても使えませんね。スマホカメラがコンパクトデジカメを駆逐するのではないかと言われていますが、私は十分棲み分けできると思います。

 さて試合の話。黒津覚醒と思われる結果で、黒津のゴールを待ち望んでいた私にとっては望外の喜びでした。もっともゴールを決めたのはコーナーキックからのヘディングで、裏からの抜けだしを得意とする黒津としてはまだまだカタチにはなっていないのかなと思います。黒津のカタチで言うのならば、前節の千葉戦で、PKを獲得したシーンの方がずっと黒津らしかったと思います。

 黒津と大久保のツートップを見て思うのは、大久保にとって黒津はベストパートナーであっても、黒津にとって大久保はベストパートナーではないということです。大久保にボールが渡ったら少なくとも黒津にはもう渡りません。せいぜいシュートをキーパーがはじいたこぼれ球にどこまで詰め寄られるか、ですね。もっとも黒津はそういうシーンも貪欲に狙っていきますけど。

 逆に言うと、黒津のような中盤に使ってもらうことで能力を発揮するフォワードというのは必要とされる時代が終わりつつあるのかもしれません。川崎の大久保もそうなのですが、結局は中盤がペナルティーエリアまでボールをだしたらフォワードはゴールを決める事ができる、そういうレベルのフォワードでないと結果は出せないように思えます。横浜FCの場合、武岡が黒津よりも大久保を好むシーンが前節までが多かったというのも黒津にとっては不利な要素でした。ゴールをとれない黒津を批判するエントリーもあったりして、ちょっと心が痛んでいたのですが、これから存在感を見せつけていってほしいと願っています。

 横浜FCもフォワードは増えてきました。大久保は不動のスタメンとして、パートナーに黒津、田原、永井がいます。これに高地、三浦カズ、小野瀬と言ったセカンドストライカーもいますので、これからも厳しい競争が続きます。でも、川崎時代だって不動のジュニーニョのペアとして、我那覇、チョンテセと争ってきたのです。怪我を克服すればまだまだスタメンをはれます。応援していますのでまたゴールを決めてください。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:4,561人

2013/06/16

日本代表 23-8 カナダ代表

0615bg


 日本が初めて欧州強豪チームに勝ちました。もちろん相手は二軍だし、気温がすさまじく暑かったし、トライを決めたのはニュージーランド人だったし、加えてホームだからというのもあったと思います。しかしまずは勝てなかった相手に勝ったというのは喜んでいいと思います。日本はウェールズの攻撃に全く負けていませんでしたし、ディフェンスも集中していました。欧州遠征でもグルジアに勝ったみたいなので、2019年に向けて少しづつ進歩していると言っていいでしょう。

 今回の勝因はディフェンスの集中力とペナルティゴールの正確さでした。もちろん1トライを許したのは一番左端の選手のケアを怠ったからで、そこは反省しなければいけませんが、中央を締めたことで相手のトライを左サイドギリギリまでもっていくことができました。その結果、ウェールズにコンバージョンゴールを失敗させることができました。

 両チームとの体格差を比べるとそれほど遜色はなかったのも大きかったと思います。正直、これがオーストラリアのように、体重100キロの選手が100メートルを12秒台で走ってこられるとどうしようもなかったのでしょうが、今日は体格が見劣りしなかったので、互角に戦うことができました。ペナルティゴールは五郎丸選手の正確性に救われました。報道によると花園でやった前の試合では失敗してしまい、練習を繰り返したそうですが、それが実を結んだのはいいことです。あとはすこしづつ・・・かなあ・・・。何がすこしづつかと言われると難しいのですが。たとえばこれほどの好カードなのにチケットが完売でなかったとか、試合以外の面でも課題はありますよね。これだと2019年ワールドカップに不安がでます。この辺も含めて少しずつ・・です。

 次の代表戦は瑞穂ラグビー場でのカナダ戦です。私は観戦予定です。頑張ってほしいと思います。

 追記:予報では雨だったのですが、実際は晴れ間が差してかなり蒸し暑い天気となりました。、恥ずかしい話ですが、暑さ対策を怠ったため、軽い熱中症を起こしてしまいました。夜間のジェフ千葉対横浜FC戦は観戦しましたが、日曜日は休養にあて、関東リーグ遠征はお休みとしました。情けないなあ・・・

 秩父宮ラグビー場 観衆:21,062人(公式発表)

2013/06/06

横浜FC 0-2 コンサドーレ札幌

0601bga


 得点力がないチームが開始25秒で失点というのは論外でしかないです。試合が始まってカメラをバックから出してセッティングをしている最中に失点してしまいましたよ。ということでブログの写真はハーフタイムに撮った横浜FCのMC舞夏さんです。しかしこの人、年をとらないな。5年前と全く同じだ。

 開始25秒の失点で事実上試合は終わり、開始10分の失点で完全に終わりました。もし札幌が今シーズンの得失点差を広げるためにガツガツ攻めに来てくれたらカウンターを取るチャンスもあったのですが、セーフティーに試合を進めたために穴を開けることはできませんでした。こうなるとフォワードは誰が出ても全く同じで、得点することはできないでしょう。0-2から点を取れというのは今の横浜FCには無理な注文です。

 中盤の展開力がないから得点できないんだと今まで散々書きましたが、今節はその中盤をいじったことが悪い方に影響してしまったと思います。連携不足がありありと出ていて、特にセンターの間を通されるといくら森下でも失点を防ぐことは難しいと思います。また札幌はサイドから#24が高速で上がってきたためにサイドケアが遅れてセンタリングを簡単に許してしまいます。つまりサイドもセンターもダメダメで、これで失点を防げ、点を取れというのは厳しい話だなと感じました。

 0-2になってしまった時点で横浜FCに勝ち目がなくなったのは明らかでしたが、私はそれでも勝ちに行ってほしかったと思います。たとえ追加失点をしてでも中盤をあげ、パワープレーに行ってほしかった。それが見えず、淡々と試合を進めていったやり方に不満を覚えました。

 この試合は神奈川区民招待デーで、無料で観戦に来たと思われる子供達がいっぱい来ました。まあ毎試合そうなのですが、そういう子供達に退屈な試合を見せていいのかと、やるせなさが残りました。

 もちろん監督からしてみればそんな事知ったことじゃないのでしょうが、継続してファンを作るためには面白い試合を見せなければいけないと思います。フロンターレと横浜FCの差は結局はそこにあります。横浜FCサポーターからすれば比べてほしくないと思いますが、同時に見ていればその差は強く感じます。結局「フロントの理想」と「現場の現実」の乖離が今の低迷につながっていると思うし、その一例が負けているのに攻撃を増やせない点にあるのだと思います。選手はそろっていると思います。それがなぜ18位や19位なのか、そこを考える時期に来ていると思います。今年の昇格はすでに現実的でなくなりましたが、今のまま今年を消化すれば、来季も変わらないでしょうね。監督は替わるかもしれませんけど。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:7,135人

日本代表 1-1 オーストラリア代表

0604bg


  ザッケローニ監督も人の子なんだなあと感じたのが後半34分の前田から栗原の交代でした。これが失点の原因でしたし、その後のPKにつながる伏線だったと思います。当時の監督の心理を考えると理解できるのですが、一流の監督であってもそうするのか、と思いました。

 フォワードを下げ、ディフェンダーを入れたのは勝ち点1を取りワールドカップ進出を決定づけるためでしたが、事実上日本は決勝進出が決定しています(日本全敗、3位対象チームが全勝であっても得失点差が16もあるため)。問題なのはいかに次につなげるか、だったと思います。

 ここで失点すると3連敗になり選手が自信を喪失するからだめ、だったら勝ち点1だけでも取り、次のステップにつなげたいという思いがあったのでしょう。けれど選手からすれば勝つことだけが次につながることだと思っていたでしょう。そのギャップが失点につながったと思います。

 ワールドカップ出場が決定したわけですからもちろん嬉しいです。でも感動があったかというと、それはなく、やはり勝って決めたかったと強く思います。それはこの試合でオーストラリアに勝てば、現在でも日本がアジアで一番強い、というマーキングになったからです。FIFAランキングは日本が最上位ですが、実際はここ10年オーストラリアに勝っていないわけで、そういう意味でもやっつけたかった。たとえ失点して負けるリスクがあったとしてもです。もし負けたのなら・・・それはそれで仕方がないでしょう。オーストラリアが強かったというだけの話です。そこを認めて次に勝つためにはどうしたらいいのかを考えるのが監督ではないでしょうか。ワールドカップが始まる前にもう一度オーストラリアと親善試合を組んだっていいんです。

 全体の感想はそんなところですが、一つ一つを見ると課題はありました。一つは結局本田がいないとチームはまとまらない、本田だけが別格のレベルでプレーをしているように見えました。仮に本田が欠場した場合、中村憲剛がその穴を埋めることができるか、あるいは乾はどうか、と言うとそれは無理だと思います。

 もう一つは前線でボールを奪われた後の淡泊さです。特に岡崎が酷いのですが、ボールを奪われたときに奪い返しに行く姿勢がなさ過ぎます。簡単にかわされて前線に送られてピンチを招きます。こういう部分が自陣でファールしないと止められない、ファールするとセットプレーで失点ということになるのだと思います。今回はセットプレーでの失点はありませんでしたが、角度のないループシュートで失点するのも根は同じだと思います。

 こういうのは93年ワールドカップ予選から何一つ変わっていないと思います。カズ頼み、中田頼み、本田頼みと8年ごとに○○頼みの○○が変わるだけです。選手コメントを見てもそれは自覚しているようなので、あとは選手の意識改革に期待していいのかもしれませんが、果たしてどうなるかなと思います。

 まあいろいろグチは書きましたけど、今日の所は素直にワールドカップ進出決定を喜ぶことにしましょう。8月14日、宮城スタジアムで行われるウルグアイ戦のチケットを確保しました。

 埼玉スタジアム2○○2 観衆:62,172人(チケット完売)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »