2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 【映画】変態仮面 | トップページ | 横浜FC 0-2 コンサドーレ札幌 »

2013/06/06

日本代表 1-1 オーストラリア代表

0604bg


  ザッケローニ監督も人の子なんだなあと感じたのが後半34分の前田から栗原の交代でした。これが失点の原因でしたし、その後のPKにつながる伏線だったと思います。当時の監督の心理を考えると理解できるのですが、一流の監督であってもそうするのか、と思いました。

 フォワードを下げ、ディフェンダーを入れたのは勝ち点1を取りワールドカップ進出を決定づけるためでしたが、事実上日本は決勝進出が決定しています(日本全敗、3位対象チームが全勝であっても得失点差が16もあるため)。問題なのはいかに次につなげるか、だったと思います。

 ここで失点すると3連敗になり選手が自信を喪失するからだめ、だったら勝ち点1だけでも取り、次のステップにつなげたいという思いがあったのでしょう。けれど選手からすれば勝つことだけが次につながることだと思っていたでしょう。そのギャップが失点につながったと思います。

 ワールドカップ出場が決定したわけですからもちろん嬉しいです。でも感動があったかというと、それはなく、やはり勝って決めたかったと強く思います。それはこの試合でオーストラリアに勝てば、現在でも日本がアジアで一番強い、というマーキングになったからです。FIFAランキングは日本が最上位ですが、実際はここ10年オーストラリアに勝っていないわけで、そういう意味でもやっつけたかった。たとえ失点して負けるリスクがあったとしてもです。もし負けたのなら・・・それはそれで仕方がないでしょう。オーストラリアが強かったというだけの話です。そこを認めて次に勝つためにはどうしたらいいのかを考えるのが監督ではないでしょうか。ワールドカップが始まる前にもう一度オーストラリアと親善試合を組んだっていいんです。

 全体の感想はそんなところですが、一つ一つを見ると課題はありました。一つは結局本田がいないとチームはまとまらない、本田だけが別格のレベルでプレーをしているように見えました。仮に本田が欠場した場合、中村憲剛がその穴を埋めることができるか、あるいは乾はどうか、と言うとそれは無理だと思います。

 もう一つは前線でボールを奪われた後の淡泊さです。特に岡崎が酷いのですが、ボールを奪われたときに奪い返しに行く姿勢がなさ過ぎます。簡単にかわされて前線に送られてピンチを招きます。こういう部分が自陣でファールしないと止められない、ファールするとセットプレーで失点ということになるのだと思います。今回はセットプレーでの失点はありませんでしたが、角度のないループシュートで失点するのも根は同じだと思います。

 こういうのは93年ワールドカップ予選から何一つ変わっていないと思います。カズ頼み、中田頼み、本田頼みと8年ごとに○○頼みの○○が変わるだけです。選手コメントを見てもそれは自覚しているようなので、あとは選手の意識改革に期待していいのかもしれませんが、果たしてどうなるかなと思います。

 まあいろいろグチは書きましたけど、今日の所は素直にワールドカップ進出決定を喜ぶことにしましょう。8月14日、宮城スタジアムで行われるウルグアイ戦のチケットを確保しました。

 埼玉スタジアム2○○2 観衆:62,172人(チケット完売)

« 【映画】変態仮面 | トップページ | 横浜FC 0-2 コンサドーレ札幌 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【映画】変態仮面 | トップページ | 横浜FC 0-2 コンサドーレ札幌 »