2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/31

横浜FC 2-2 FC岐阜

1024bg

 今日の相手は下位に沈む岐阜ですが、横浜FCはこういう位置にいるチームを苦手とする傾向があります。そういう相手にきちんと勝ち点3がとれないとJ1昇格どころではないと思います。

 今日の試合は平日ということもあって、横浜FCは先発を大きく入れ替えました。フォワードは黒津と小野瀬。両方とも最近はレギュラーどころかベンチを外され、正念場となっている選手です。また岐阜もチーム自体がJ3降格の窮地に立たされている状態で、横浜FC戦は絶対に勝っておきたいところ。中下位チーム同士の試合とはいえ、面白い試合になるなと期待して三ツ沢に向かいました。

 試合は引き分けに終わったわけですが、予想通りお互いがガチに来て楽しめました。横浜FCとしては引き分けで残念でしたが、現状では仕方がないかなと思います。岐阜相手に2失点するあたりがチームの現状かなと感じました。

 お互いが勝ちきれなかった理由は、試合の重要なポジションにいる選手が機能していなかったからです。具体的に言うとFC岐阜は服部、横浜FCは小野瀬です。他の選手達はパスをつなぎ、精力的にゴールを狙っていたにもかかわらず、この両選手はほとんど消えていました。小野瀬は途中で交代しましたけどね。

 岐阜から話をしますと、服部はボランチのポジションにいるにもかかわらずゲームを作ることができず、結果としてディフェンスからトップ下にダイレクトにパスが飛び交うようになります。比較的ロングパスになるので横浜FCはボールの落下点を読むことが出来、ディフェンスラインで網をかけることができました。服部は日本代表のレギュラーを経験した選手ですが、やはり年齢から来る衰えはあるのかなと思います。私は3日前に長崎対岐阜戦も観戦しましたが、この試合でも服部のパフォーマンスは限界に感じました。岐阜が追いついたのは途中出場した外国人選手の能力によるものです。このスティッペはおそらくJ2でもトップクラスで有り、もしスタメンフル出場であれば岐阜が勝っていたかも知れません。病み上がりなのかもしれませんが、途中出場途中交代と、わずかしかピッチに立つことができなかったのが、横浜FCにとっては幸いなことでした。

 横浜FCは小野瀬の不出来が勝ちきれなかった原因だったと思います。小野瀬のパートナーは黒津です。黒津は裏への抜けだしを得意とするので、前線の機転は小野瀬が行うことになります。しかし、小野瀬は自分の所に来たボールを納めることができず、逆に奪われてカウンターの起点になってしまいます。こうなると事実上黒津の1トップ状態となってしまいます。この状態で黒津に点を取れというのは酷だなと感じました。結果的には黒津のアクロバティックなゴールで先制することができましたが、これはあくまでも結果で、黒津はそういうタイプではないし、そうそうそんなゴールは入るものでもありません。むしろ黒津らしさが出たのは2点目のPKに繋がった飛び出しだと思います。シーズン前半のアウェイ千葉戦でもありましたが、黒津のスピードは相手のPKを奪いやすいほどの武器になります。そこが生かせればいいのですが、今シーズンは黒津にとっても苦しいものになりました。 

 逆に言うと、もうそういう飛び出し一本で勝負できる時代ではないのかなと思います。ディフェンスラインを崩して得点、というパターンを現在の横浜FCで決めるのは厳しいです。J2のチームはだいたいそうですが、どこもディフェンスを重視していますので、そこは個人能力で突破しないと点は取れないでしょう。そういう選手になれればその先もあるのだと思いますけどね。

 シーズンも残り試合が少なくなってきました。これからは選手一人一人が来年に繋がる正念場となります。そういう部分を見ていきたいと思います。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:2,139人(公式発表)

2013/10/13

浦和レッズ 1-0 川崎フロンターレ

1012bg

 あと10分耐えれば勝ちだったのに・・というよりも、よく80分も無失点で抑えたなという気持ちが強かったですね。キーパーの杉山に拍手したいと思います。あんなサンドバッグのような試合を延々と見せられるサポーターの身にもなってほしいと思います。中村憲剛が途中交代しなければ・・という話も出ましたが、多分結果は同じだと思います。

 ホームの試合を2点差で勝っているのならあのような守備固めの試合もわかりますが、1点差でしたからね。しかもアウェーゴール数を2点取られているわけで、最初から優勢で迎えた試合じゃなかったんですよ。確かに引き分けは川崎の勝ち抜けですが、それは相手を無失点に押さえ込むという前提があるわけで、浦和相手にそれを決め込むのは最初から無理がありすぎたんです。

 アウェーゴール数が勝敗を決めるルールだと、アウェーの試合で無得点に終わるのはそれだけで非常にリスクが高いんです。等々力で2失点している川崎がアウェーで点を取られるとそれだけで優劣がひっくり返ります。最初の45分間は結構静かな展開でしたが、あれは浦和も後半勝負をかけて点を取って逃げ切ってやるという戦術があったと思いますね。実際70分過ぎから立て続けにフォワードを2枚(関口とマルシオ)変えて攻めに来たときは、これを守り切るのはきついなあと感じました。実際、点を取ったのは興梠ですが、関口の突っ込みが効いていたと思います。浦和の完全な作戦勝ちでした。

試合全体を通してもピッチ全体の把握の仕方が浦和の方が上回っていて、川崎は中盤でボールを奪えなかったことが劣勢に回った原因でした。交代も憲剛以外は試合終盤で、これで点を取れというのは無理だよ思いました。

 試合の勝ち負けはともかく、何故点を取りに行こうとしなかったのか。失点するかも知れないが、点を取れば相手はそれ以上の得点を必要とする、それは川崎にとって有利なことなんだと、そういう姿勢を持てなかったことに深い失望感を持ちました。川崎は大久保とレナトがいれば点は取れるんです。それは川崎の武器でした。先制すればその時点で逃げ切りを考えればいいし、失点したとしても同点に追いつけば勝ち抜けるんですから。いつもの試合の入り方で良かったんですよ。

 埼玉スタジアム2002 観衆:27,197人(公式発表)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »