2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

サガン鳥栖

2013/12/30

横浜F・マリノス 2-0 サガン鳥栖

1229bg

 試合自体は2-0でマリノスが勝ったのですが、終了直前まではスコアレスドローでして、延長戦突入のにおいがプンプンに漂っていました。この試合だけでなく、もう一つのFC東京-広島もスコアレス、準々決勝の4試合も全て延長戦と、90分で終わらない理由があるのかなと感じました。

 全ての試合を見ているわけではないので憶測になりますが、一発勝負なので慎重な試合運びをする傾向があるのではないでしょうか。ナビスコ準決勝の浦和-川崎戦も、川崎は慎重な試合運びをした結果、点が取れませんでした。今日の試合もマリノス・鳥栖ともリスクを負わない試合運びで、相手のフォワードにスペースを作らせないポジションでした。その結果、マリノスの藤田・斉藤、鳥栖の豊田は生き場がなく、きついマークの中で試合をせざるを得ませんでした。見ていて、これじゃフォワードは仕事ができないだろうと感じました。

 前にも書いたと思いますが、こういう消極的な試合を80分も見せられるほうの気持ちにもなってほしいと思います。打ち合って、その結果負けたのならば、例え応援しているチームであっても受け入れます。そのうえで「ディフェンスがー」とかグチをいう事になるのですが、逆に見ればグチをいう楽しみを得ることができるとも言えます。こういう消極的な試合で負けたのならば何が残るのか?サポーターだけでなく、一般的なお客さんに対しても失礼じゃないでしょうか。またこういう試合の繰り返しが、結局はACLで海外のチームに勝てなくなってきている遠因ではないかと思います。

 この試合を持って今年1年の観戦も終わりました。元日の天皇杯からまたシーズンが始まります。川崎も横浜FCも楽しいサッカーを見せてくれることを節に期待しています。

 日産スタジアム 観衆:22,630人(公式発表)

2012/08/13

川崎 1-2 鳥栖

0811bg


 まあ何というか、オウンゴールにPK失敗と来て、それで勝てというのは難しいですよね。酷い試合は今までいくつもありましたけど、ここまでメチャクチャな試合というのも久しぶりなような気がします。

 言いたいことはいくつもあるのですが、監督が自分の息子をスタメンに組みいれるのはマズイだろうと思います。よっぽどスーパーな能力があって、コイツに任せればもう安心というのなら話は別ですが、他の高卒と同じレベルならば身内を入れてはいけません。スタメンを外された選手から見ると、納得しているのか気になります。最近の選手流出も仕方が無い面はありますけど、タダでさえ怪我人続出の状態で移籍させられる余裕があるのかと疑問に思います。

 試合が始まってしばらくの間は全体に押していて、先制したあたりからは「豊田もたいしたことが無いなあ」と思っていたのですが、後半に入ると鳥栖はキッチリと修正してきました。同点のオウンゴールは鳥栖のラストパスがペナルティエリア内のゴールに近い位置だったのでボールを見失ったのだと思います。それは仕方が無いにしても失点直後にカウンターを取られて逆転ゴールはいったい何なのか?集中力を切らしただけではとても説明できない失態だと思います。

 試合の進め方も問題で、中村憲剛にオンブに抱っこの試合運びは今後を不安にさせます。前回のホーム大宮戦でも逆転のきっかけをつかんだのは前半終了間際での憲剛からの同点弾でした。ぶっちゃけ、レベルの違う選手が一人いて、まわりはそれに合わせるような戦術は、かっての名波のいた磐田を思い出させます。名波引退後の磐田がどうなったかを思うと寒気がします。

 怪我人続出でやむを得ない面は確かにあります。けれども苦しいながらも先を見通すスジがサポーターに見えない限り、応援していても辛いのではないでしょうか。この試合の観衆が1万2千人と低調だったのも、単に夏休みだから、動員が期待できる対戦相手ではなかったから、そういう理由ではないように思います。

 等々力陸上競技場 観衆:12,509人