2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

アクセスパーツ

  • アクセスパーツ

    ジオターゲティング

水戸ホーリーホック

2013/11/26

横浜FC 4-1 水戸ホーリーホック

1124bg


 最初にいくつか。スタジアム入場時に「東日本大震災で被災した地域にサッカーボールを送ろう」と高校サッカー部の生徒を多数動員して募金活動を行っていました。私も幾ばくかのお金を募金したのですが、今の時期に募金活動をするのならば東日本の被災地にサッカーボールを送るのではなく、フィリピンで台風被害にあった人たちのための募金活動をするべきではないかなと思いました。また試合開始前に黙祷ぐらいしてもいいのにとも感じました。

 2年前の地震の時、世界中のスタジアムで日本のために黙祷が行われ、募金活動が行われたことを考えると、逆にそういう配慮があってもいいのにと感じます。ちなみに3年前、私がイタリアにサッカーを見に行ったときはハイチの台風被害者のためにセリエA,Bの試合全部で黙祷がありましたね。偽善なのかもしれませんが、サッカーは世界で繋がっていることを示すためにもこういうことは積極的にやってほしいです。

 次に試合前のイベントについて。高校生に横浜市歌を歌わせる企画があったのですが、伴奏ペースが非常に速く、、高校生は全くついて行けませんでした。ところどころ合わせるのが精一杯で恥をかかせてしまいました。申し訳なく思います。前から思っていたのですが、横浜FCのスタジアムDJって試合開始前にリハーサルとかしているのでしょうか。川崎フロンターレの場合、入場開始時刻の1時間前位に等々力につくと、何度もDJがリハーサルをしていますよ。ファンファーレも聞こえるし。横浜FCは営業や企画のセンスはJリーグでも随一の部類に入ると思いますが、運営が最低レベルなんですよね。この落差が激しすぎて非常に萎えます。

 ちなみに横浜市歌は横浜市公式サイトで聞けます。ハマナビのページ

 最終節は戸塚区民デーでした。ついでにバースデー招待もありました。戸塚区民の私は無料でA席のチケットを手に入れることができたので、そこはまあいいんですけど。招待券を貰っておいてこういうのも何ですが、最終節でこういう大々的な無料イベントをやるのもなあ・・・と思います。だって次の集客に繋がらないじゃないですか。最終節なんだから。もう次の試合はありません。実際は今年度の平均動員が前年比をクリアできるかギリギリの所だったので無料招待をかけて前年比プラスに持って行きたかったみたいですが、もうこういうやり方は考えた方がいいと思います。横浜FCの1試合あたりの入場者数って、多分ベースは3千人くらいだと思います。これに招待券を入れて倍にしても母体は増えないと思いますよ。多分。ちなみにこの招待デーをやった結果、年間入場者数は微増になったそうです。そこはよかったですね。

 長くなりましたが試合の話をします。降格も昇格も関係ない順位ですので、見所は来年使える選手の見極めになるのでしょう。ポイントは渋谷と小野瀬でしょうか。
 渋谷について言えばシュナイダー潤之介の代わりが務まるのか、期待をしてみたのですが、それほど決定的なピンチがなかったため、評価は来年ですかね。小野瀬については右サイドハーフのポジションで、つなぎ役に徹したように見えました。最後のほうでキーパーに突っ込む場面がありましたが、こちらも来年に期待でしょうか。もう若手から中堅にさしかかる年ですから来年が正念場です。

 シュナイダーの契約満了については戦略的な面があるので何とも言えません。ただ、若い選手にチャンスを与えるため、というのならば違うなと思います。ポジションは奪う物です。たとえキーパーでも。健全な競争がなければ選手は上達しません。

 全体を通してみると、横浜FCは相変わらずディフェンスからゲームが作れませんでした。松下のところでサイドかバックパスを繰り返すのでその先が糞ずまりになります。4点とれたのはいずれも攻撃陣の個人技によるもので、4点とれたからいい試合だったとは言えないなと感じました。良いフォワードがいるのは大きな武器ですが、ゲームを作ることができなければ最終的には行き詰まると思います。これは今シーズンを通して感じたことでした。フォワードにしても大久保の謎のスタメン外しとか、カズが常にベンチ入りしていることなど謎な面があるのも不満があります。そういうところを綺麗にしていかないと次はないと思います。

 私は来年の課題はボランチだと思います。大卒のボランチを獲得して育てることが一番いいのですが、J1を狙うのならばこのポジションだけは即戦力が必要です。

 ニッパツ三ツ沢球技場 観衆:6,975人(公式発表)